股関節が痛いあなたのための鍼整体法

ご予約・お問い合わせ 06-7501-6896
※急病のため、ご迷惑をお掛けしますが、しばらくの間休診させていただきます。
〒560-0011 大阪府豊中市上野西1-13-6-6 営業時間 9:00~22:00
※治療中は折り返し、ご連絡差し上げますので、伝言を残してください。

ヘッダ画像

できないことができるように...

累計3万人の治療実績

来院の方の93%の症状が改善!

そのわけは根本原因への直接アプローチ

  • 骨格矯正
    バランス安定
  • 内臓整体
    生命力向上
  • 自律神経
    ストレス解消

股関節が痛いあなたのための鍼整体法

豊中の女性で首こりと左の股関節を痛めて治療にこられました。

年始早々歩いていると急に歩くのが痛いぐらい左の股関節あたりに痛みがでてきて2日ほど安静にしていたら痛みはマシになったようですが、まだ動くと違和感があるようでしたね。

今までの経過をきいていると小学校のころよく捻挫をされていたようです(自分ではどちらかわすれているようでしたが左がおかしかったですね)。

中学校のころテニスをしていて徐々に股関節に違和感を感じあるとき急に痛みがでてきて動けなくなり、何日かしたらなおっていたとのことでした。

その後2人目の出産の時に、またもや動けなくなるぐらいの股関節痛と腰痛がでてきて実家の中国鍼をうけて3回ほどで痛みがとれたようでした。

それで安心されていたようでしたが、その後も20年以上疲労たまったりする度に左の股関節に違和感を感じ、近所の整骨院や整体院で治療をしてもらっては、また股関節が痛くなるといった事のくりかえしだったようです。

検査をしていくと首が前に倒しにくく、仰向けで左の足を伸ばしたまま上げていくと右は突っ張らないのに左は80度ぐらいで突っ張って内側にも動きにくく外にねじりにくい股関節の状態でした。

骨盤は仙骨に対して右の腸骨がさがり左があがっているという歪みになっていて、右足が左にくらべて1.5cm短くなっていました。

傾聴すると左の足首と座った状態では(座ると足からの制限が消えて上半身のみを検査できる)首に制限がでていました。

股関節の治療として、左足のスネのあたり(脛骨と腓骨の間の骨間膜)のねじれを取り除き足首の関節(距腿関節)、第1中足骨と楔状骨の歪みを取り除きました。

おそらくここは捻挫をしていた時の名残が制限としてずっと残っていたのでしょうね。

ここの制限をとるだけでも股関節の動きは4割ほど改善されていました。

仙骨と腸骨のバランスをとり骨盤の歪みを調整。

足の長さはほぼ揃い、この段階で股関節の動きは7割改善。

あとは股関節を直接調整し動きの硬さや制限はなくなりました。

股関節直接の治療はそこで終わりですが、頚椎周辺にも制限があったのでOA(頭蓋骨と首のつけねあたり)・c1・c2の頚椎を矯正することで首が前に倒しにくかったのがスムーズに動くようになり、ご本人も今までにない改善の結果だったようでびっくりされていました。

身体は膜で頭から手足の先まで1枚でつながっているので、今回みたいに股関節が痛くても足首からもひっぱられていたり首からも引っ張られていたりするので、根本的な原因を探し、そこを治療しないとすぐぶり返してしまうので股関節の痛みなどの関節の痛み治療は根本原因を探し治療しないとだめですね。

記事執筆:藤岡 猛(藤岡治療院院長)
マッサージ・指圧・鍼・あんまの国家免許取得後、大型店で13年修行。さらに多角的にアプローチするため、独立してオステオパシー・カイロプラクティック・ストレッチなど多くの技術を習得。