ゴルフ肘の治し方

ご予約・お問い合わせ 06-7501-6896
※急病のため、ご迷惑をお掛けしますが、しばらくの間休診させていただきます。
〒560-0011 大阪府豊中市上野西1-13-6-6 営業時間 9:00~22:00
※治療中は折り返し、ご連絡差し上げますので、伝言を残してください。

ヘッダ画像

できないことができるように...

累計3万人の治療実績

来院の方の93%の症状が改善!

そのわけは根本原因への直接アプローチ

  • 骨格矯正
    バランス安定
  • 内臓整体
    生命力向上
  • 自律神経
    ストレス解消

ゴルフ肘の治し方

一般的なゴルフ肘の治し方

一般的なゴルフ肘の治し方1.病院などでの保存療法
・局所の安静
・ハップ剤、消炎鎮痛薬の使用
・サポーターの着用
一般的なゴルフ肘の治し方2 薬物療法

・トリガーポイント注射(ステロイド+局所麻酔薬)
※注射のし過ぎは症状をかえって悪化させますから、注射は行っても3回程度です。
一般的なゴルフ肘の治し方3 ゴルフ肘が重症化した場合
・電気治療(低周波)
・レーザー治療
・靱帯の補強と縫合を目的とした手術を行う

上記のような治療を行って、痛みが落ち着いてきたら医師の診断によ
り筋肉トレーニングまたは背屈筋のストレッチを行っていきます。

ゴルフ肘の手術法

ゴルフ肘の手術法には、代表的なものとして、nirschl法と関節鏡視下手術法があります

・nirschl法
肘の内側を切開して、直視下において、前腕屈筋群の起始部の変性している腱を切除して、筋膜を縫合する代表的な手術です。
・関節鏡視下手術法
関節鏡を用い、肘内に関節鏡を入れて変性した腱を切除するとともに、滑膜ひだの切除なども行い、関節内病変も同時に処置する手術法です。

このうち、関節鏡視下手術法は、患者さんの負担が少ない低侵襲な手術法となっていて、早期の社会復帰が可能となっています。
しかし、一般的なゴルフ肘の手術では、直視下によるnirschl法が行われる傾向にあり、関節鏡視下手術法を選択する場合は稀となっています。

ゴルフ肘は、病院で行われる保存療法などの一般的な治療法では治るまでに1年以上掛かる場合もあります。
また、ゴルフ肘の治し方として手術もありますが、体を切ると膜のバランスが崩れる為健康面でもゴルフのパフォーマンス面でも悪影響です。
また手術といわれていても鍼や整体をすることで痛みがなくなる場合も多くあります。

ゴルフ肘の鍼や整体での治し方

鍼灸や整体でのゴルフ肘の治し方としては
ゴルフ肘は肘だけの原因ではないため
肘だけを治療していても根本原因が改善されないので、
整体や鍼灸では体全体のバランスを整えていきます。
体全体の調整をすると
・疲労が回復し炎症が治まり易い
・肩や背中、腰などの動きがよくなるため肘の負担が減る
このことから

  1. 全身のゆがみを整え、内臓の位置も整える
  2. 肩や肘、手首、指の動きの連動も整える
  3. 内臓機能を引き上げる
  4. 自律神経のバランスを整える

などの治療をしていきます。
ただ鍼灸、整体、マッサージそれぞれには根本原因によって向き不向きがあるので詳しい根本原因と治し方についてはゴルフ肘に特化した治療の記事をご覧ください。

ゴルフ肘のストレッチや体操による治し方

次にゴルフ肘に高価的な簡単な体操とストレッチ方法をご紹介します。
肘痛予防に効果的なストレッチは、前腕筋と上腕筋の柔軟性を高めるストレッチです。

(1)爪からつながる肩までの筋膜を伸ばす
親指から小指まですべて同じやり方でします。
ゴルフ肘ストレッチc指つまみ
その状態から指全体を指先に引き肘のあたりに抵抗を感じるあたりで1分維持。

3回ほどつづけ肘で感じた抵抗が肩の方に抜ければ成功。

(2)pnfストレッチ
これはプロ治療家も使っているストレッチ方法です。
一人ではしにくいので家族や仲間に手伝ってもらいましょう。

手のひら側に、痛くないところまで曲げれるところまで曲げて置き伸ばそうとするときに、施術者(自分でも可能)が動かないように5秒抵抗します。

ゴルフ肘ストレッチ掌屈抵抗
ゴルフ肘ストレッチ掌屈離す
これを5回します
このストレッチを行うことで、肘への負担が軽減されます。
ゴルフ前には、必ずこのストレッチを行いましょう。

首肩から肘手首まで柔らかくして肩甲骨の動きを良くする体操とストレッチのやり方動画完全版

肩甲骨周りから指先までを柔らかくするためのストレッチと体操のやり方を説明した動画です。ゴルフ肘対策にはもちろん、、肩こりやうでがだるい、五十肩、肩、手がだるい、痛い、しびれるあなたにもおすすめな体操とストレッチです。

肩こり体操と一緒にすると効果倍増の骨盤矯正ストレッチのやり方動画

肘周りの硬さは、下半身の硬さが原因になることもあります。そんな時はこちらのストレッチと体操をしてもらえると肘の負担が減ります。 下半身の柔らかくするやり方の動画です。

腕だけでなく、肩周り、骨盤周りの体操とストレッチをすることで全身のバランスが良くなりゴルフ肘が早く良くなります。
またゴルフプレイ中に痛めるのを予防できます。
※ゴルフ肘に高価的なストレッチや体操を厳選していますが効果効能を保証するものではありません。
ひどく痛い時や炎症の時は中止し、自己責任でお願いいたします。

ストレッチや体操をしっかりしていてもゴルフ中の肘の痛みが軽くならなかったり、何度も痛みをぶり返すときは当院のゴルフに特化したスポーツ鍼整体法をおすすめします。
当院の治療の詳細はゴルフ肘に特化した治療をごらんください。

記事執筆:藤岡 猛(藤岡治療院院長)
マッサージ・指圧・鍼・あんまの国家免許取得後、大型店で13年修行。さらに多角的にアプローチするため、独立してオステオパシー・カイロプラクティック・ストレッチなど多くの技術を習得。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です