アーカイブページ|肩こり | 整体鍼マッサージの藤岡治療院[豊中市]

ご予約・お問い合わせ 06-7501-6896
※急病のため、ご迷惑をお掛けしますが、しばらくの間休診させていただきます。
〒560-0011 大阪府豊中市上野西1-13-6-6 営業時間 9:00~22:00
※治療中は折り返し、ご連絡差し上げますので、伝言を残してください。

ヘッダ画像

できないことができるように...

累計3万人の治療実績

来院の方の93%の症状が改善!

そのわけは根本原因への直接アプローチ

  • 骨格矯正
    バランス安定
  • 内臓整体
    生命力向上
  • 自律神経
    ストレス解消

肩こり鍼整体で長年のつらさが3回でスッキリ

あの辛い肩こりが3回の鍼整体でスッキリ!

あなたはいくつあてはまりますか?

  • 首こりから頭痛(偏頭痛、片頭痛が起きる
  • 首や肩が凝ると嘔吐(吐き気)がする
  • 首コリで頭が重い
  • 胸が詰まって息苦しい
  • 自律神経失調症、不安神経症、欝(うつ)になった
  • 肩こりで腕がしびれたり腕の痛みや腕がだるい。
  • 寝違えをしたり首が回らない
  • 肩こりがひどいと寝れない(不眠)し具合が悪い
  • 猫背が気になる
  • 整骨院(接骨院)、整形外科などの病院で肩こりが治らない
  • 妊娠中でも肩こりを治したい
  • 耳鳴りや、めまいでふらつきがある
  • 肩こりで胸が痛い

このページをみてくれているあなたは、いくつか当てはまったかもしれません。
でも大丈夫です。
これらは以前当院へ来ていただいて肩こりから卒業された過去の声なんです!

では当院の肩こり治治療を受けて頂いた感想をご覧ください。

長年治らなかった首コリ肩凝り腰痛がFSTS鍼整体法で改善した治療のおすすめの声

※個人の感想であり、施術効果には個人差があります。

肩こり鍼整体治療感想 長年治らなかった肩凝りが1回目で改善

※個人の感想であり、施術効果には個人差があります。

当院はこのような首肩こりに特化した整体で根本原因から治療を3万人以上に施術し、仕事やスポーツなど楽しく快適に過ごされています!
また公判では首コリや肩凝りの原因や解消ストレッチも記述していますので参考にしてくださいね。
あなたも辛い首コリ・肩凝りともさようならです!

肩こりを甘くみると大変なことに!!

肩こりと聞くと、ありきたりの体がちょっとしんどい程度でしょ?って思いほっ
たらかしにされている方が非常に多いです。
寝ればなおると思われるんですが、体に上記に書いたような根本原因になるよう
な体の障害があると自然治癒力が落ちているので回復の早さより疲労の 蓄積の
進行速度の方が早いんです。
そうなると頭が重くなったり、吐き気がしたり、息苦しくなったり、胃痛を感じ
たり、胸が痛くなったり、頭痛になったり、しびれがでたり・・・
このような症状がどんどんでてくるようになります。

さらに凝っている状態とは筋肉が縮んでいる状態なので、付着している骨を引っ張る事により骨が歪むことになり、肩こりによる歪みを放置していると首の骨に負担がかかりヘルニアや骨の変形につながっ てくるんです。
こういった事を予防するためにも、肩こりといって甘くみず早めに対処しましょうね。
では肩こり治療には鍼、整体、マッサージどれが良いかというと…

辿り着いた改善率93%!治療の進化を探求し続けます。

当院で行う独自のFSTS鍼整体法は特別な治療法です。
痛めたところではなく、離れた箇所を治療することも多くあります。
それは根本原因が別の部分にあるからです。
当院に来院される60%の方が病院や鍼灸、整体での治療で解決しなかった方です。
体の不調を起こす原因は様々で治療法によってはアプローチできないものがあります。

そこで、それぞれの治療法の弱点をなくすために、整体とカイロプラクティックの大元であるオステオパシー医学と鍼やマッサージの東洋医学の長所を組み合わせます。

さらに『気』を送り込むエネルギー療法を加えることで体が正常化する時間をより短縮できるようになりました。

» FSTS鍼整体法の詳細


レビュー患者様の改善レビュー

レビュー背中の痛みから卒業

患者様の声

主婦 Y.O様

いつも鍼と整体の治療をしてもらっています。
藤岡先生にお世話になる前は背中をゴリゴリしてもらったり鍼をたくさんうたれたりして背中がだるくなるのをやり過ごし、また数日後だるくなってくるの繰り返しでしたが、先生に治療してもらうようになりお酒の飲みすぎたとき以外はひどくならなくなりました(笑)
背中に何かのっているような感じがする方はぜひ先生に診てもらってください。

レビューしびれが無くなり元気に歩けてます!

患者様の声

公務員 Y.M様

お尻から太ももにしびれがあり、歩くのも体を動かすのもままならず病院では手術も考えないといけないと言われていたのですが、どうしても嫌でネットでこちらを見つけてこさせていただきました。
最初に優しい熱心な先生という印象で私の悩みや辛い所を真剣にきいてくださり、施術は痛くなくあっという間でした。
60分程度でしたが、体が温かくなり鬱々していた気持が晴れていました。
ただ治療後痛いままだったのですが、先生の説明を聞いていて数日したら良くなってくると説明があったので少し心配でしたが、言われた通り痛みが数日で半減し、3回の治療で痛みはなくなりました。
もう歩けないのではないかと思っていたので家族そろって感謝しかありません。

レビューしっかりと私を見てくれている

患者様の声

主婦 H.Y様

膝が痛くて大好きな山登りや散歩も出来なくなっていました。
そんな時に知人に紹介され治療をお願いしました。
先生は私の話をしっかり聞いて下さり、どこが悪いから膝に痛みが出ていると丁寧に説明してくださり、しっかりと私を見てくれているといった感じがしました。
膝が痛いのに、治療はお腹と股関節と足首をされ、立って動かしてみてと言われ動かしたら痛みがありませんでした。
凄く勉強され頼りになる先生です。

» 喜びの声をもっと見る


治療費について

初回は初診料2,000円をお願いしています
治療時間と回数の目安治療1枠の時間は10~20分です。
初回の方や早めに治したい方、症状のひどい方は2枠を取られることをおすすめします。

治療予約1枠(10~20分) 5,000円
治療時間が長く取れない方、ぎっくり腰や寝違いなど時間を長く治療できない方、メンテナンスに移行されている方
2枠(30~50分 10,000円
2枠(30~50分 10,000円 初診の方、身体の状態が良くない方、精神的なストレスが多い方、仕事や趣味などハードにされている方など

※来院回数の目安は1枠で6~8回、2枠で4~6回です。
※金額は税別です。

予約変更・キャンセルは、緊急時を除いて3日前までにお願いします。
移行のキャンセルには規定をもうけさせていただいておりますので、ご確認ください。

» 料金案内


藤岡治療院の治療に込めた想い

藤岡猛スナップ

はじめまして、院長の藤岡です。
当院では最短であなたの体が快適になれるよう最善を尽くします。

もっと運動を頑張りたいのに痛みでできない
体がしんどいのに誰にも理解してもらえない
赤ちゃんがほしいのにどうして妊娠できないんだろう

胸が痛いほど分かります。
私も辛い思い、悔しい思い、苦しい思いをしてきました。
このような思いの人を救いたい!
そんな思いで今があります。
あなたは一人で悩まなくていいんです。
あなたに辛い思いをこれ以上続けてほしくない。
目標に向かって頑張っているのに上手くいかなくて助けてほしい時は誰だってあります。
あなたのヒーローでありたい。
『赤ちゃんができました』と報告してくれた時の幸せそうな笑顔
『運動を頑張ってやりきることができています』という達成感に満ちた笑顔
『痛みがなくなり家族と仲よくできています』という安らかな笑顔
あなたが幸せなら周りも幸せになります!
そうして幸せが広がっていきます!
治療家にとって重要なのは患者さんの病を治すということの先にある悩みを解決し笑顔を取り戻すことなんだなと思うようになりました。
『ありがとう』というあなたの笑顔が返ってくる・・・
本当に治療家になってよかったと思うときです。
そんな笑顔がたくさん増えるようにこれからも頑張っていきます。
助けが必要な時は『あなたのヒーロー藤岡治療院』を頼ってみてください!


医院のご案内

藤岡治療院外観

阪急バスで豊中駅から7分、桃山台駅から10分、千里中央駅から15分の阪急バス停豊中高校前から徒歩20秒。豊中高校正門の近くにあり環状線からも近く、電車やバス、車でも便利にご来院いただけます。
駐車場も2台完備・子連れ受診OK・完全予約制・土日診療できます。(火曜日定休)

〒560-0011 大阪府豊中市上野西1-13-6-6 営業時間 9:00~22:00
※吹田市・箕面市・池田市などからもお客様が多数来られています。

» Googleマップをみる

診察台

肩こりの一般的に言われる原因と解消方法

ベースに根本原因(根本原因については痛み歪み凝りの本当の根本原因とは?をご覧ください)によって膜が捻じれ体が全体的に硬く柔軟性がなくなることで痛めやすい状態になって、その上から以下の誘因が重なり肩が痛くなったりだるくなったりします。
それらの誘因(引きがね)は以下のものです。

悪い姿勢

姿勢が悪いと、偏った場所に負担がかかり筋肉疲労を招き、肩や首の凝り(こり)の原因になります。
対策として以下の状態を気を付けてみてください。

・立つ姿勢
横から体の側面を見たときに、耳・肩・腰椎の前・膝・くるぶしが、地面から一直線になっている状態が良いです。

・座っている姿勢
深く座り膝が90度よりもやや曲がり、両足の裏が地面についている状態が良いです。
この状態になれる椅子が理想的な高さになっているので、なれない場合は調整したり選び直されたほうがいいでしょう。

・運転する姿勢
天井から引き上げられるようなイメージで背中を伸ばして、シートにもたれる。
※背中を伸ばそうとすると腰をそらせる人がいるので注意!
そして頭をヘッドレストに安定させて、ハンドルを肘が軽く曲がるように握る状態が良いです

・パソコン使用時の姿勢
視線が水平から下に15度と水平から上に5度の範囲にディスプレイの高さがおさまり、肘が90度になる机の高さがよい状態です。

皆さんもよくするでしょうが、腹ばい、寝転んで頭を手で支える、あぐら座り、横座り、足を組んで座るなどは肩こりに限らず体には悪い姿勢なのでしないようにしてくださいね。

精神的なストレス

精神的なストレスを受けると、筋肉を緊張させ硬くしたり、血管を収縮させ血流を悪くする交感神経の働きが活発になり、肩こりになってしまいます。
解消するには自分が落ち着くような事をおこなってください。
それは音楽を聞くことや運動をすること、勉強に没頭すること、人それぞれです。
感動するドラマやアニメで涙を流すことでストレスを発散させる物質がでてくるので、これも有効です。

眼精疲労(目の疲れ)

スマホやパソコンなど目をつかいすぎていると、目の動きに関連して動く頭の後ろと首の付け根にある筋肉も疲労し硬くなります。
(頭と首の付け根あたりに手を当てて目を上下左右に動かしたらわかります)
それにより首方の筋膜も引っ張られ首肩こりになってしまいます。
またそこが硬くなると目の神経の枝がきているので目の奥が重痛くかんじることがあります。

解消するには以下の事をおこなってみてください。

・目を上下左右に動かしたり左右に回したりする
・目を強く閉じすぐに大きくパッと開く
・目の表面が潤うくらいに、まばたきを繰り返す
・近くを15秒見たあとに、できるだけ遠くを5分見つめるのを時間のある時にくりかえす。

・蒸しタオル(水でタオルを濡らしてしぼりレンジでチン)を目を中心に顔に置き温める。
精神的なストレス発散にもなります。

運動不足

歩いたりラジオ体操など運動をすることで筋肉が伸び縮みしポンプの役割をし血管を押して血流がよくなります。
この作用で代謝がよくなり疲労物質などの交換がうまくいくのですが、運動が不足すると血流が滞りやすくなるので凝りの原因になります。
また体を硬くしている根本原因を取っていれば運動しなくても凝りにはなりにくいです。
とはいえ事務仕事で座りっパなしや過度な運動をすれば硬くなるので、その時は軽めのウォーキングやラジオ体操をおこなってください。

歯の噛み合わせ

体の他の部分のバランスをとるために顎を歪ましていることが多いので顎の関節が歪んでいることが多いのは事実です。
また一方で噛む癖があると偏って歪む場合もありますが、これは下あごを左右、前後、左右に回すように動かす体操で改善されます。
ただ精神的なストレスで歯ぎしり癖のある方は顎がかなりの原因になる場合がありますが、これも精神的なストレスをためやすくしている体の原因をとれば解消されます。

体の冷え

体が冷えるということは血流が悪くなっている証拠です。
冷えると心臓などのある体幹の温度を保つため手足の血管を細くし、手足に熱が逃げないようにします。
こうなると血流が悪くなり体中に体温がいきわたらずに冷えてしまいます。
さらに代謝が落ち疲労物質などが排出されなくなり、肩こりが治らない状態になってしまいます。
対策として、上記でも記載しましたが血流が悪くなることで冷えるので散歩やラジオ体操で筋肉をつかい血流をよくするのがいいでしょうね。
また運動で体を温める方法を参考にしてください。

さらに38℃くらいのお風呂にゆったりつかることでホルモンの活動がよくなり効果的です。

肩こりからの様々な症状と原因

頭痛(偏頭痛、片頭痛)

首肩周りの筋肉などの緊張により神経が圧迫されたりトリガーポイント(簡単にいうと痛い部分でそこが症状の引き金となる場所)が刺激され頭に痛みがでます。
しかし頭痛の原因は様々ですので詳しく知りたい方は頭痛ページを参考にしてください。
※病院へ行くべき危険な頭痛というのもありますので、いつもと頭痛の感じが違う場合は
至急病院へ行くべき症状の見分け方を参考にしてください。

吐き気(嘔吐)

目・首・肩周囲組織の極度の緊張状態と、かなりの精神的ストレスが相まって迷走神経が刺激され、体からの危険信号として吐き気がでるとされています。

対策として吐き気止めのツボの内関があります。
飲みすぎた時の胸やけ、 吐き気・胸焼け・つわりや乗り物酔いなどにも効きます!
所は前彎の掌側で手を握って力を込めた時にできる腱の間、手首のシワから指3本分(およそ2~3cm)下の位置。

ただし、これは吐き気を催した後の応急処置ですので、原因から断つ事に意識しましょう!
※病院へ行くべき危険な吐き気もありますので至急病院へ行くべき症状の見分け方を参考にしてください。
を参考にしてください。

頭が重い(頭重感)

肩こりになることで頭や首の筋肉が硬くなり血管が圧迫されて頭周辺が血行不良になり酸素が不足している状態で起こります。
※病院へ行くべき危険な頭重感もありますので、いつもと頭が重い感じが違う場合は至急病院へ行くべき症状の見分け方を参考にしてください。

息を吸うために必要な肋骨周りの筋肉が硬く凝り固まってしまい伸びるという運動ができなくなり肺を広げられずに起こります。

息苦しさを解消する方法として運動で体を温める方法の腹式呼吸を参考にしてください。
腹式呼吸をすることで胸周りをストレッチさせることができます。

欝・自律神経失調症

首肩の筋肉のこりすぎにより、首周りの自律神経に異常をきたし欝や自律神経失調症などが起こります。
若い女性に急増している、非定型欝や新型欝と呼ばれる欝症状の原因の多くは首肩の筋肉の過緊張によるものといわれています。
詳しい原因や治し方は自律神経失調症の本当の原因を治療を参考にしてください。

腕のしびれ(痛みや腕がだるさ)

首肩の筋肉が硬くなり首から腕にいっている神経が圧迫され腕にしびれが出てきます。
痺れの対策や改善方法は腕がだるい、痺れ、痛みの原因と対処による解消を参考にしてください。

パソコンやスマホなどでの悪い姿勢により首を回す筋肉が硬く縮み首が引っ張られまわりにくくなっています。

予防としてはパソコンやスマホの位置を良くしたり、ページ下部の肩こりストレッチを参考にしてみてください。

寝れない(不眠)

デスクワークやストレスで筋肉が硬くなったり枕が合わないことで骨が歪み神経を圧迫したり血流が悪くなることで起きます。

上記の対策は今までに書いてきた予防や対策で十分です

猫背

二の腕や胸の柔軟性が失われていること、背中の筋力が弱いことが猫背(アッパークロスシンドローム)を引き起こします。
硬くなった筋肉をゆるめ、弱い筋肉を鍛えるのがコツです。
詳しい猫背の原因や治し方は猫背矯正のための特別な整体をご覧ください。

耳鳴り

ストレス、長時間同じ姿勢でいる事、運動不足、血液がどろどろになっているなどの原因で血流が悪くなっていると、めまい・耳鳴りが起こりやすくなります。

【肩こりによる耳鳴り対策】
(1)お風呂に毎日10分は入る(半身浴でも良い)
(2)精神的なストレスを溜めないように趣味などで発散させる
(3)長時間同じ姿勢にならないようにし、1時間毎に軽い体操などをし体が固まらないようにする。
(4)動物性油脂をとるのを避け、良質の魚の油やオリーブ油などを摂る
(5)水を一日2リットルほど飲む
(6)ビタミンを取る
ビタミンAを取る事で目の血行が良くなって目の神経とその近くにある鼓膜にもいい影響をあたえて耳鳴りを改善します。
ビタミンB群は末梢神経の損傷を治し、血液を作るために必要なビタミンです。
ビタミンCは精神的なストレスへの抵抗力をつける働きがあります。
(7)ラジオ体操やウォーキングなど軽い運動をし全身の血流を良くする

●ツボによる耳鳴り解消法
耳門・聴宮・聴会が耳鳴り・難聴などの耳の病気の特効ツボと言われています。

(1)耳門を30秒少し強めに指圧する
場所は、耳の縁で耳の穴の前にポコッとふくらんだところがあり、そこが耳珠、その直ぐ前上に方向に骨がありその間のへこみです。

(2)聴宮を円を描くようにマッサージする。
場所は、上記に書いた耳の縁のポコッとしたところと、その前にある骨の間のへこんだ所があり、その下に骨があるので、へこみの中の下の骨ぎわにあります。

(3)聴会を軽く30秒指圧、あまり強く押さないでください。
上記のポコッとした所から前下方向で口をあけたらへこみができるところ。

(4)中渚を強めに30秒指圧する。立ちくらみなどにも効果あり。
手の薬指と小指の間をたどっていき、指が止まるところ。

(5)外関を指圧。神経の働きをよくし、むくみを取り除く効果があります。
手首から、指3本分ほど上にある、少し凹んだ部分。

ふらつきや眩暈(めまい)

首肩周りの筋肉が凝りすぎることで椎骨動脈などの血管や迷走神経が圧迫され貧血状態になったり神経の異常で起こります。
思い病気でなる場合もあるので、いつもと違う感じの場合脳神経外科に行くと詳しく検査できますので、頻繁に起こる方は、一度は必ず検査をすることを強くお勧めします。

体を温めるなどでよいです。
【ふらつきや眩暈(めまい)の対策】
首凝り肩こりによるふらつきやめまいは今まで記載した肩こり体操やお風呂で温めるなどの方法で改善できます。

胸の痛み

首や肩が凝っていると筋膜のつながりで胸周りも凝りそれにより血行不良になることで老廃物の排出がうまくいかず発痛物質がでてきて胸に痛みがでてきたりします。
対策は今まで書いてきた対策で十分です。
また女性の場合このような時は胸を締め付ける下着や服装は避けてください。

自分でできる肩こり解消法

肩こり解消体操&ストレッチ動画

肩凝り解消ストレッチと一緒にすると効果倍増の骨盤矯正ストレッチのやり方動画

肩こり対策としてはおすすめはラジオ体操です。
ラジオ体操を軽く見ている人がかなり多いですが、全身の体の動きを計算された素
晴らしい体操ですので是非おすすめします。
ラジオ体操をするときのポイントとしては『気合』です!!
手先足先まで集中ししっかり伸ばし気合をいれてする!
これで自分で歪みや凝りを治療できるんですから頑張れば頑張るほど元気になり現金も治療費に使わなくてすみますよ◎

ただ肩こりがひどすぎると焼け石に水になるので、あまりに酷い人はまずは鍼灸や整体などの治療
を受けるのが良いでしょう。

肩こりストレッチ

【カタコリストレッチ1 首から肩に広がる僧帽筋上部線維を伸ばす】


正面を向いたまま頭を左に倒し、耳を左肩に近づけて30秒止める。
肩凝りストレッチ正面向き
肩凝りストレッチ僧帽筋横倒し
これを2回

【肩凝りストレッチ2 首から肩甲骨につく肩甲挙筋を伸ばす】
頭を左に向けて倒し、鼻を左肩に近づけて30秒間止める。
肩凝りストレッチ横横倒し
これを2回

【肩凝りストレッチ3 斜角筋を伸ばす】
顎をしっかりひいて、その状態で頭を天井方向にひくように首を伸ばします。
肩凝りストレッチ斜角筋顎ひいてない
肩凝りストレッチ斜角筋顎引く
手の甲を腰のベルトのラインの真ん中にあて肘を後ろに軽くひいてください。
肩凝りストレッチ斜角筋顎引き手をひく
上記の状態から頭を横に倒せるとこまで倒し少し突っ張るところで30秒維持。
※強くしすぎると逆に痛めます
それぞれ3回行ってください。

【肩凝りストレッチ4 肩周りを伸ばす】
片方の腕を少しずつ後ろに引き上げ自然に止まったところで20秒キープし下ろす。
肩凝りストレッチ片腕後ろ上げ
同じ側の手のひらで真後ろのベルトの真ん中を軽くおし、そのまま肘を後ろに引いて20秒キープ
肩凝りストレッチ大胸筋片腕1
肩凝りストレッチ大胸筋片腕2
それぞれ3かいづつし、逆もする。

今回お伝えした肩こり体操やストレッチは効果の良いものを選ばせていただいています。
骨や筋肉に肩こりの原因がある場合は一定の効果がありますが、内臓のゆがみ、セイシンテキストレス、黄砂やPM02.5、電磁波などが原因の肩こりには効果が薄い場合があります。
そのような時は、脈診ができる鍼灸、内臓やPM2.5や精神的ストレスを解消できるオステオパシーという整体をおすすめします。
近畿圏内の肩こりでお困りのあなたは、脈診による鍼とオステオパシー整体の良い所を組み合わせ考案したFSTS鍼整体法の藤岡治療院へぜひおこしください。

肩こりに湿布薬やネックレスに効果はあるの?

専門医としての見解では肩こりネックレスの効果は気持ち程度です。
シップも痛みが酷いときは対処療法としては気持ちよさを感じますので、多少、
効くようなイメージはありますが、根本治療としてはあまり意味をなしません。

肩こり治療例

(1)35歳 女性 事務職
【主訴】
頭痛、首肩こり
【治療】
膝の捻じれを調整し後頭環椎関節の捻じれを矯正し左の三角間膜の硬さを内臓マニピュレーションで緩め右の後頭乳突縫合が引き込まれていたのをを元に戻し大後頭神経が中枢に引き込まれていたので神経マニピュレーションし首方周りを筋膜リリースしゆるめて終了
頭痛は治療途中でなくなってきたようで、最初検査した時は後ろに振り向こうとすると30度しか行かなかったのがスムーズに動くようになりビックリされていました。
3回の治療で安定してきたので今は月1回のメンテナンスにこられています。

(2)42歳 男性 営業
【主訴】
肩こり、腕のしびれ
【治療】
PM2.5や黄砂の化学物質の反応がでていたので頭蓋反射をし化学物質の反応をとり、右の大菱形骨、中手骨、小菱形骨の関係性のバランスを調整し尾骨の捻じれを矯正し、甲状腺の硬さを内臓マニピュレーションしシブソン筋膜をゆるめ、首片腕周りの筋膜リリースしゆるめて終了
腕が90度しか上がらなかったのが150度まであがるようになり、痺れ感も半分ぐらいに軽減していました。
5回の治療で痺れはなくなり今は3週間に一度メンテナンスにこられています。

記事執筆:藤岡 猛(藤岡治療院院長)
マッサージ・指圧・鍼・あんまの国家免許取得後、大型店で13年修行。さらに多角的にアプローチするため、独立してオステオパシー・カイロプラクティック・ストレッチなど多くの技術を習得。

肩こり-記事一覧

該当記事はありません。