足がつる病気

ご予約・お問い合わせ 06-7501-6896
※急病のため、ご迷惑をお掛けしますが、しばらくの間休診させていただきます。
〒560-0011 大阪府豊中市上野西1-13-6-6 営業時間 9:00~22:00
※治療中は折り返し、ご連絡差し上げますので、伝言を残してください。

ヘッダ画像

できないことができるように...

累計3万人の治療実績

来院の方の93%の症状が改善!

そのわけは根本原因への直接アプローチ

  • 骨格矯正
    バランス安定
  • 内臓整体
    生命力向上
  • 自律神経
    ストレス解消

足がつる病気

足がつる病気

こむら返りや太ももなど、足がつるのがたびたびの場合は病気が原因となっている場合もあるのでお医者さんの診察を受けてください。
下記のような重篤な病気が隠れていると、その初期症状として足がつる場合もあります。
十分な栄養や休養をとっているにもかかわらずこむら返り、あるいは足がつる以外に体が調子が悪ければ病院にいくべきです。

足がつる病気の例

甲状腺機能低下症、肝炎肝硬変、副甲状腺機能亢進症、低ナトリウム血症
、尿毒症、糖尿病、動脈硬化症、静脈血栓症、神経系の病気など。
静脈血栓症などのように同じ姿勢を長い時間していると血行が悪くなり血栓が生じて血管が詰まる場合があります。

脳梗塞、心筋梗塞、静脈瘤、閉塞性動脈硬化症など循環器(心臓や血管など)の働きが悪くなる病気により、こむら返りなどの足の裏がつる症状が出る場合があります。

すぐに病院へ行くべき内科的病気

喉の渇き、手足のしびれ
診察してもらう科:内科、内分泌代謝科
肝臓疾患、腎臓疾患によるもの
肝臓や腎臓など、体内の毒素や老廃物の排出や調整の働きが悪くなる病気です。これにより足がつりやすい状態になってしまいます。
むくみ、尿量の変化、だるさを感じる、不眠
診察してもらう科:内科、消化器内科

片方の手足のまひ、言葉のもつれ、歩行障害などが出ている場合はすぐに病院へ行ってください!

すぐに病院へ行くべき整形外科的病気

腰部脊柱管狭窄症
高齢者で多いのは脊椎疾患、特に腰部脊柱管狭窄症などです。背骨の真ん中の空洞の中にある靭帯などが肥厚し神経を圧迫します。症状として腰痛のほか、臀部痛、下肢痛、しびれなどを生じ、進行すると間欠性跛行(少し歩いては歩けなくなり、休むとまた歩ける)も出てきます。MRIで診断することもあります。
オステオパシー整体や鍼治療で改善することもあります。
椎間板ヘルニア、変形性腰椎症
椎間板や腰椎、脊柱管により上記と同じ神経が圧迫されるという理由で背中や腰回りの神経に異常が起こり、こむら返りになりやすくなることもあります。
立っているのが辛い、足のしびれ、筋力の低下
診察してもらう科:整形外科

また、糖尿病の合併症として、神経障害があります。
神経の働きが乱れることによって筋肉が異常縮小し、こむら返りなどの足がつる症状が引き起こされてしまいます。
血糖値が高い状態が続き、ミネラルのバランスが崩れることも要因となります。

薬の副作用

薬の副作用が原因として度々こむら返りになったりするので、お医者さんの診察を
受けてください。

交感神経β遮断剤(高血圧の治療薬)
塩酸カルテオロール、塩酸セリプロロール、、ピンドロール、抗甲状腺剤:チアマゾール、ベンゾチアゼピン系Ca拮抗剤:塩酸ジルチアゼム、ジヒドロピリジン系Ca拮抗剤
心臓病や高血圧の治療薬・利尿薬など
プラバスタチン、ピンドロール、アテノロール、テオフィリン、フロセミド、クロフィブラート

記事執筆:藤岡 猛(藤岡治療院院長)
マッサージ・指圧・鍼・あんまの国家免許取得後、大型店で13年修行。さらに多角的にアプローチするため、独立してオステオパシー・カイロプラクティック・ストレッチなど多くの技術を習得。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です