腰痛の鍼やオステオパシー整体の治し方

ご予約・お問い合わせ 06-7501-6896
※急病のため、ご迷惑をお掛けしますが、しばらくの間休診させていただきます。
〒560-0011 大阪府豊中市上野西1-13-6-6 営業時間 9:00~22:00
※治療中は折り返し、ご連絡差し上げますので、伝言を残してください。

ヘッダ画像

できないことができるように...

累計3万人の治療実績

来院の方の93%の症状が改善!

そのわけは根本原因への直接アプローチ

  • 骨格矯正
    バランス安定
  • 内臓整体
    生命力向上
  • 自律神経
    ストレス解消

腰痛の鍼やオステオパシー整体の治し方

藤岡治療院での腰が痛い場合の鍼治療の考えと内容を紹介します。
かなり専門的なので一般の方はとばしてくれても構いません。
腰痛に対して本格的な鍼灸治療は下記のように行います。
ストレス、内臓不調、冷え、、肉体疲労などは抜群の効果がありますが、悪い姿勢で骨盤が歪んだり猫背になっているなどの、ひどい骨のゆがみを調整しきれません。
そこで当院では鍼灸の弱点を補うためオステオパシーという整体と鍼の考え方や治療法を合わせた腰痛に特化したFSTS鍼整体法を考案しました。
詳しくは腰痛のための特殊な鍼整体法をご覧ください。

腰の痛みの鍼治療例

鍼灸の考え方による腰が痛い種類

(1)経病:筋膜性腰痛、風邪からくる腰の痛み…傍腰椎の筋肉、軟部組織に由来で腰が痛い
(2)臓病:椎間板ヘルニア、腰椎分離症・すべり症、脊柱管狭窄症、骨粗鬆症・内臓疾患など

鍼灸の考え方による腰の痛みの病因

経病:風邪・寒湿邪
臓病:長期間の労倦・飲食過多・七情の気の偏勝・寒湿邪

鍼灸の考え方による腰が痛い病理・病証

経病:精気の虚損により外邪が侵入し易くなり、風邪(寒湿邪・風寒邪など)が皮膚・そう理を傷る。
→孫脈・絡脈・経脈と次第に深く進行して、筋肉・筋膜が痛んで腰に痛みを発現させる。
・寒湿邪によって経絡が閉塞し、営気・営血が廻らなくなり、膀胱経が滞る。
・膀胱経絡上の筋膜にある絡脈・孫脈に悪血を生じて腰に痛みを発する。
・寒湿邪の経絡に寒えが極まると熱を生じる。
臓病:偏った飲食過多・労倦や七情の気の偏勝によって臓腑の気血が渋滞する。
→臓腑と連絡している経絡が閉塞・渋滞して営気・営血の巡りが悪くなる。
→長期間、経絡の閉塞・渋滞の状態が続く。
→内寒・内湿か派生し、筋・筋膜・靭帯・軟骨・骨・臓にお血を生じる。
→筋・筋膜・靭帯・軟骨・骨が変性・変質する。
→痛み・麻痺・庫れ等が腰部から下肢(膀胱経、胆経上)にかけて現れる。

鍼灸の検査である脈診での腰痛の評価

腰痛の鍼治療の脈診
病の本質である[精気の虚損](=主証)を把握します。
また精気の虚損によって発生した他の経絡の変動(客証)があるのを確認します。
それにより痛みや痺れを出ている経絡を把握する。
症状の強さにより、実脈、滑脈、弦脈、緊脈が脈上で確認できる。

鍼灸の腰が痛い場合の治療法

腰痛の鍼治療
命門三焦を強くするため、腎気を中心に補う。
血を解消することで下肢・臀部・腰部に通ずる経絡を疎通させ、温煦・滋養する。
営気営血の循環を促進させることで経脈に起こっている気滞・お血を解消することで下肢・臀部・腰部に通ずる経絡を疎通させ、温煦・滋養する。

腰が痛い場合のオステオパシー整体治療例

(1)16歳 高校生 女性
【症状】 常時腰が痛い、立って右足に体重をかけると痛い
【治療】
右遠位脛腓関節の腓骨下方と中間楔状骨と舟状骨の歪みを矯正し、側頭隆起の骨内病変をゆるめ膀胱と虫垂間膜の硬さを内臓マニピュレーションでゆるめ尾骨の捻じれを調整し殿筋、後脛骨筋、測定筋膜を筋膜リリースした。
治療後片足に体重を乗せても痛まなくなり、翌日から練習を普通にしていたら3日目で少し痛みがでてき2回目治療後10日痛みがなく腰の痛みはなくなっていました。
(2)35歳主婦
症状ぎっくり腰で歩くのも体を曲げるのも苦痛
【治療】
検査をすると右距骨下関節の圧縮と舟状骨と中間楔状骨の圧縮があり、横になるのが大変だったので、立ったままこれらを整体することで前後左右の痛みが半分ぐらいになり、横になれるようになったので、虫垂間膜、心臓の傾きを調整し頭蓋骨の歪みを矯正し大腰筋と殿筋、肩周りの筋膜リリースした。
最初の痛みが10なら4まで解消され、2回目来られた時は腰部の中心に違和感があるくらいまで改善されており、新たに出てきた歪みや硬さを治療、ほぼ痛みはなくなる。
その後2週間に一度を3か月こられ、体は安定し今では月1回のメンテナンスをされている。
家事や運動をされても、今では腰が痛い事はほとんどなくなり喜ばれています。

上記のようにオステオパシー整体はほぼ治療法としては完成されていますが。、まれに経絡(ツボの流れ)が悪くて腰が痛い状態になっている人もいます。
そのような場合はまた腰の痛みをぶり返しやすくなります。
そこで当院ではオステオパシーの弱みを補うため鍼灸の東洋医学の考え方を採り入れた腰痛に特化したFSTS鍼整体法を考案しました。
詳しくは腰痛のための特殊な鍼整体法をご覧ください。

記事執筆:藤岡 猛(藤岡治療院院長)
マッサージ・指圧・鍼・あんまの国家免許取得後、大型店で13年修行。さらに多角的にアプローチするため、独立してオステオパシー・カイロプラクティック・ストレッチなど多くの技術を習得。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です