自律神経チェックリスト

ご予約・お問い合わせ 06-7501-6896
※急病のため、ご迷惑をお掛けしますが、しばらくの間休診させていただきます。
〒560-0011 大阪府豊中市上野西1-13-6-6 営業時間 9:00~22:00
※治療中は折り返し、ご連絡差し上げますので、伝言を残してください。

ヘッダ画像

できないことができるように...

累計3万人の治療実績

来院の方の93%の症状が改善!

そのわけは根本原因への直接アプローチ

  • 骨格矯正
    バランス安定
  • 内臓整体
    生命力向上
  • 自律神経
    ストレス解消

自律神経チェックリスト

自分が自律神経失調症か調べたいという人は下記の項目をいくつ当てはまるかチェックしてみてください。
あくまでも参考ですので、心配な方は病院へいってみてください。
ただ薬などでは根本解決にはなりません。
本当の原因を知り根本治療をされたいあなたは自律神経失調症の本当の治し方をご覧ください。

自律神経失調症チェックリスト

1. 頭が痛い、頭が重い
2. 首が痛い、首がこる
3. 肩が張る、肩がこる
4. かぜをひきやすい
5. めまいやふらつきがある
6. 振り向いたときや歩行中に不安定感がある
7. 吐き気がある
8. 夜、寝つきが悪い。途中で目覚める
9. 血圧が不安定
10. 温かい場所に長時間いられない
11. 異常に汗をかく
12. 静かにしていても心臓がドキドキする。動悸がする
13. 目が見えにくい、ぼやける
14. 目が疲れる、目を開けていられない
15. まぶしい、目の奥が痛い
16. 目が乾燥する、涙が出やすい
17. 唾液が出やすい、出過ぎる
18. 微熱が出る
19. 胃腸の調子が悪い、腹部膨満感がある
20. だるくて横になりたくなる
21. 疲れやすい、全身に倦怠感がある
22. やる気が出ない
23. 天気が悪い日やその前日は症状が強い
24. 気分が落ち込む
25. 集中力が出ない
26. 不安感
27. イライラする
28. 根気が出ず仕事に影響が出る
29. のぼせ、手足の冷え、しびれ
30. 胸の痛み、圧迫感、しびれ
※該当する項目が5つ以上あれば自律神経失調症の化膿性があります。

シャロンテスト

自律神経の状態をチェックするためのテストです。
シェロン・テストは、立っている時と寝ている時の血圧の差を計測します。
方法は、3分間寝た状態で安静にし血圧の測定を行います。
次に、立ち上がった直後と、それから3分間後に血圧を測ります。
この時の血圧の差が最高血圧(収縮期血圧)が30mmHg以上、あるいは最低血圧(拡張期血圧)が10mmHgある場合を自律神経失調症を疑います。
とくに、めまいが強くあらわれているような場合には自律神経失調症によるめまいと考えることができます。
しかしこの時に脈拍が安静に寝ていた時より早くなっているようなときには、自律神経反射が起こっているため自律神経失調症とは確定できません。

治療をうけてもらう前にお伝えしたい事

私自身も自律神経失調症で苦しんだ経験があります。
上記30項目のチェックでは19個該当しました(汗)今は該当0個です。
この症状の辛さが誰よりもわかるからこそ、あなたに治って欲しいのです。
誰のためでもなくあなたのために良くなってほしいのです。
最初は難しいとはおもいますが身体の状態が良くなれば自然とプラス思考になります
困ったときは誰かの力を借りるのは必要なことです。 
そんな助けてほしい時に救ってくれる『あなたのヒーロー』でありたい。 
そう思っています。 
最近は治療家は患者さんの病を治すということの先に悩みを解決し笑顔を取り戻す役目なんだなと。 
『ありがとう』という患者さんの笑顔が返ってくる・・・本当に治療家になって良かったと思う時です。  

そんな笑顔がたくさん増えるようにこれからも頑張っていきます。 
助けが必要な時は『あなたのヒーロー藤岡治療院』を頼ってみてください!
本当の原因を知り根本治療をされたいあなたは自律神経失調症の本当の治し方をご覧ください。

 

藤岡治療院の自律神経失調症の治療例

●35歳 男性 事務
【自律神経失調症の症状】
起きると、ふらつき、めまいがあり仕事にいけない
【自律神経失調症の治療】
東洋医学の検査である脈診で体の状態をみると肝虚証で三焦と胃が実施ていました。
オステオパシーの検査では、全体的に体が右に傾いていて、背骨が左右に曲がっていて猫背の状態でした。
治療内容としては、まず鍼による東洋医学的なアプローチで肝虚証という乱れた経絡(ツボの流れ)を整えるため
太衝、曲泉、太谿、、陰谷に置鍼し、腹部墓穴に単刺、実施ている経絡kを落ち着かせるため足三里上巨虚、下巨虚、陽池、外関、支溝にしゃ法を行った。
そして、背部輸血に単刺でホ法し脈をととのえたのち、オステオパシーの傾聴という検査法で体の状態をみると、右の肺動脈、肝静脈、PM0.1の影響があったので、それらを治療。
治療終了後は目がはっきりし、体も温まっていたので、本人もビックリされていました。
週1回を4回目でほぼ改善2か月目で2週間に一度でも、体のだるさやめまいの症状はでなくなり、今では月1会メンテナンスにこられていますが、たまに肩がこるくらいで問題なく過ごされています。

●21歳 女性 大学生
【自律神経失調症の症状】
阿佐が起きるのが辛い、頭痛が治まらない、勉強に集中できない、すぐにイライラする
【自律神経失調症の治療】
オステオパシー整体の傾聴と骨指標で検査していくと、過去のトラウマが12歳の時にあり、アレルギーの影響、肝臓、尾骨のねじれ、頭蓋骨のゆがみ、右足首の捻挫、左脳下垂体動脈の歪みや硬さにより自律神経の乱れが出ていたようでした。
これらの原因お1つずつ整体し硬さと歪みをとると、体がリラックスし治療中に寝ておられました。
治療終了後体に羽がはえたように軽いと喜ばれ笑顔でおかえりになりました◎

1回目の治療では少し頭痛がのこっていたようでしたが、朝も起きれるようになり、イライラすることも減ったようでした。
3回目で頭痛もなくなり、今は月1回メンテナンスにこられ、勉強に頑張っておられます。

記事執筆:藤岡 猛(藤岡治療院院長)
マッサージ・指圧・鍼・あんまの国家免許取得後、大型店で13年修行。さらに多角的にアプローチするため、独立してオステオパシー・カイロプラクティック・ストレッチなど多くの技術を習得。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です