自律神経(交感神経・副交感神経)の働き

ご予約・お問い合わせ 06-7501-6896
※急病のため、ご迷惑をお掛けしますが、しばらくの間休診させていただきます。
〒560-0011 大阪府豊中市上野西1-13-6-6 営業時間 9:00~22:00
※治療中は折り返し、ご連絡差し上げますので、伝言を残してください。

ヘッダ画像

できないことができるように...

累計3万人の治療実績

来院の方の93%の症状が改善!

そのわけは根本原因への直接アプローチ

  • 骨格矯正
    バランス安定
  • 内臓整体
    生命力向上
  • 自律神経
    ストレス解消

自律神経(交感神経・副交感神経)の働き

自律神経(交感神経と副交感神経)

 自律神経は交感神経と副交感神経があり、お互いが一日中バランスをとりあっ
て、体の働きを調整しています。

自律神経の働きは、考えずにしている呼吸、汗をかく、体温の調節、消化、排泄、睡眠などをあなたの医師とは関係なく無意識にしています。

自律神経はお互いに反対の働きをし副交感神経が血管を拡張して血行を促したり、交感神経は血管を収縮して血行を抑えたりなどをしています。

また交感神経は昼に活発に働き身体を活動的にし、副交感神経は夜に活発に働き身体を休ませるようにします。

この自律神経のバランスが乱れる原因がスポーツや仕事の頑張りすぎによる肉体的ストレス、イライラや心配事などの精神的ストレスになります。

このようなストレスを受け続けると交感神経が働きすぎになり副交感神経が逆に働きなくなります。

すると血行不良になり体温が低下、し一般的によくみられる色んな体調不良が起ってきます。

 そしてもう1つ重要なことは、自律神経が身体の免疫系を担当する白血球の働きにも深く関与している、ということです。

◇もくじへ戻る

内臓や血管などのあなたの意識とは無関係に動いている体の部分に脳からの指令を送っている神経が自律神経です。

精神的なストレスがかかると交感神経の働きが強くなります。

その交感神経の働きが強い状態が続くと、血管が収縮し血行不良になってしまいます。

アトピーなどで皮膚が傷ついていると雑菌などが入ってくるため、それを退治するため顆粒球という血液成分がでてきます。

顆粒球は 細菌を飲み込むと 分解酵素 と 活性酸素 を使って消化分解してくれます。

しかし交感神経が働きすぎていることで顆粒球が増えすぎ、増えすぎた顆粒球が放出する活性酸素で身体を壊してしまいます。

また、リンパ球が減っているため、ウイルスに感染しやすくなるといったことが起こります。

また副交感神経が働きすぎると皮膚の血管が広がって血流が増え、ヒかゆみの原因のスタミンも増えるため蕁麻疹(じんましん)がでやすくなります。

免疫を調整する自律神経

自律神経は免疫、ホルモン分泌、エネルギー生成など関わっていて、身体全体の細胞の調整を調節しています。

交感神経と副交感神経の2つの自律神経は、お互いが反対の働きでひとつの臓器の働きを調整しています。

自律神経のバランスが取れているのはお互いの働きが交互に上手くいっている状態です。

自律神経には4つのバランス状態があり、以下のようになっています。

  1. 交感神経と副交感神経がつり合っている
  2. 交感神経が高く副交感神経が低い
  3. 交感神経が低く副交感神経が高い
  4. 交感神経と副交感神経がどちらも低い

日常生活で元気よく過ごせるのが、どちらもつり合っている状態です。

どちらも低いと元気がなくなります。

どちらかが低かったり高い時はバランスが悪い状態です。

皮膚炎は自律神経のバランスが悪い

自律神経のバランスが悪いと、皮膚症状が出てくる場合があります。

交感神経が働いていると末梢の血管は細くなり血流が抑えられます。

精神的なストレスや過労により緊張が続くと血管が細くなるのが続き血行不良を起こしてしまいます。

そして細胞に栄養が届かず老廃物の回収もできなくなります。

アドレナリンと交感神経

交感神経が働いている時は細菌などの微生物が入ってきやすい時なんです。

なので体を守る為アドレナリンというホルモンを出し顆粒球という白血球の一種を出し最近から体を守ろうとします。

この顆粒球は活性酸素によって殺菌するんですが、ストレスなどで交感神経が働きすぎると顆粒球が増えすぎてしまい、活性酸素によって健康な細胞まで傷つけてしまい炎症を起こします。

交感神経が出すアドレナリンは、血流が悪くなり代謝が悪い状態になります。

また顆粒球も増え拮抗関係にあるリンパ球が少なくなるので、免疫力が落ちウイルスによる感染症に罹りやすくなります。

アセチルコリンと交感神経

副交感神経が働くとアセチルコリンが出てきてリンパ球が増え血管が拡張し血流がよくなります。

子供が寝る前に手足が温かくなるのは血管が広がっているからなんですね。

ですが、リラックスしすぎで副交感神経が働きすぎるとリンパ球が増えすぎてしまい、些細なものに反応しやすくなりアレルギーの原因になってしまいます。

記事執筆:藤岡 猛(藤岡治療院院長)
マッサージ・指圧・鍼・あんまの国家免許取得後、大型店で13年修行。さらに多角的にアプローチするため、独立してオステオパシー・カイロプラクティック・ストレッチなど多くの技術を習得。