生理痛の本当の原因

ご予約・お問い合わせ 06-7501-6896
※急病のため、ご迷惑をお掛けしますが、しばらくの間休診させていただきます。
〒560-0011 大阪府豊中市上野西1-13-6-6 営業時間 9:00~22:00
※治療中は折り返し、ご連絡差し上げますので、伝言を残してください。

ヘッダ画像

できないことができるように...

累計3万人の治療実績

来院の方の93%の症状が改善!

そのわけは根本原因への直接アプローチ

  • 骨格矯正
    バランス安定
  • 内臓整体
    生命力向上
  • 自律神経
    ストレス解消

生理痛の本当の原因

女性の貴方は生理痛はあって当たり前だと考えているかもしれません。
しかし様々な原因があって生理痛は起こっています。
それでは生理痛の一般的な原因と本当の原因を説明していきます。

生理痛の一般的な原因

生理痛は不要になった子宮内膜が経血と一緒に体外へ押し出される時、子宮が強く収縮して起こる痛みと一般的に言われることが多いです。

でも生理痛のない人もいますよね?

つまり、これは痛みをだす要因ではあるのですが、根本原因ではないんですね。

では以下の事はどうでしょうか?

1、 子宮口がまだ成熟していない

10~20代前半の方は、子宮頚管がまだ狭くて硬いため生理痛が酷くなると言われますが、これは結果であって硬くしている原因を解消すれば改善されていきます。

2、 子宮の収縮

月経時に子宮が縮むことで月経血を排出します。

その際、子宮内膜からプロスタグランジンという発痛物質が出てくるため生理痛が起きるといわれていますが、これによる症状が出る人と出ない人がいるという事は別に原因があるということです。

つまり、これも結果であって硬くしている原因を
解消すれば改善されていきます。

※プロスタグランジンとは、痛みを出す物質で、経血の排出を促したり、出産時に子宮を収縮させる作用があります。

また分泌量が多い人ほど、生理痛がひどくなります。

これにより生理中に吐き気や下痢を起こすこともあります。

3、 体が冷えている

冷えていると血行不良になり卵巣の働きが落ち生理痛や生理不順を起こします。

これも原因を解消すれば改善されていきます。

詳しい冷える原因については冷え性の6つの原因の対策おご覧ください。

4.精神的ストレス

自律神経のバランスが悪くなり、血行不良により冷えが起こり、子宮や卵巣の機能が落ちて生理の不調を起こします。

これも鍼整体法で解消すれば改善されています。

自律神経失調症については自律神経失調症の根本原因と治し方自律神経失調症の根本原因と治し方をご覧ください。

5.子宮や卵巣などの生殖器の歪みや硬さ

一般的に多い原因ですが、歪ましたり硬くしたりする根本原因は別にあることが多いです
つまり、これも結果であって硬くしている原因を鍼整体法で解消すれば改善されています。

詳しくは『生理痛の本当の原因』で説明していきますね。

6.子宮や卵巣などの生殖器の構造的問題

子宮筋腫、子宮内膜症がある場合は生理痛が酷くなりやすいです。

出血量が多くなったり貧血になります。

しかし、これも3・4・5の原因がともなって起きている場合が多いです。

つまり、これも結果であって原因を鍼整体法で解消すれば改善されています。

※症状が悪化している場合は産婦人科などの病院への受診をおすすめします。

生理痛の本当の原因

上記で説明した5つもオステオパシー医学や東洋医学では結果であって根本原因でないことが多いんですね。

生理痛や生理不順の原因となるのは、姿勢の悪さ、昔の捻挫などのケガや手術の影響で膜が捻じれることで自律神経の不調や血行不良、また経絡(けいらく:ツボの流れのこと)の不調により気の流れが悪くなり子宮や卵巣の内臓の働きが悪くなることで起きます。

膜の事や根本原因の詳細は痛み・歪み、痺れ、冷えの本当の根本原因とはを参考にしてみてください。

症状が毎回変化する原因

片方の卵巣の異常

排卵は左右の卵巣から交互に起こっています。

そのときの卵巣の歪みや硬さなどの状態によってホルモン状態が変わり月経血の量も異なり、生理痛の症状や痛みの程度は変化します。

2か月に1回と交互に生理痛が起こる場合がありますが、これは片側の卵巣に歪みや硬さ、
また子宮内膜症などの異常があるときに起こりやすいです。
br>
産後の骨盤矯正については

年齢や生活環境の変化

年齢とともに生理痛や生理不順は改善されるとよく言われますが、必ずそうとは限りません。

過度な労働や精神的なストレスから痛みを強く感じることもあります。

出産による改善

よくいわれる出産すれば生理痛が改善するという都市伝説はたまにそういう事があるというくらいです。

出産後は産後の整体をしていないと逆に症状がひどくなることの方が多いです。
産後の骨盤矯正に特化した整体をご覧ください。

陣痛を促進するホルモン過剰

20代に比較的多い生理痛の原因が、子宮内膜でつくられるプロスタグランジンの過剰が原因で起こるものです。

このホルモンはお産の時の陣痛の痛みの原因で、子宮を収縮させる働きがあります。

生理の時に、プロスタグランジンが出すぎると子宮が過剰に収縮し、痛みを引き起こす場合があります。

生理痛の分類

機能性月経困難症

病気がないのに、横になっていないと痛くて辛い状態を機能性月経困難症といいます。

器質性月経困難症

子宮内膜症、子宮筋腫などの病気や、炎症などが原因で起こる他の臓器の癒着に伴って生理痛が起こるものを言います。

記事執筆:藤岡 猛(藤岡治療院院長)
マッサージ・指圧・鍼・あんまの国家免許取得後、大型店で13年修行。さらに多角的にアプローチするため、独立してオステオパシー・カイロプラクティック・ストレッチなど多くの技術を習得。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です