正しい産後の過ごし方

ご予約・お問い合わせ 06-7501-6896
※急病のため、ご迷惑をお掛けしますが、しばらくの間休診させていただきます。
〒560-0011 大阪府豊中市上野西1-13-6-6 営業時間 9:00~22:00
※治療中は折り返し、ご連絡差し上げますので、伝言を残してください。

ヘッダ画像

できないことができるように...

累計3万人の治療実績

来院の方の93%の症状が改善!

そのわけは根本原因への直接アプローチ

  • 骨格矯正
    バランス安定
  • 内臓整体
    生命力向上
  • 自律神経
    ストレス解消

正しい産後の過ごし方

産後の過ごし方(床上げ)を完全解説

産後の体はこうなっている!

床上げという言葉を聞いたことがありますか?
これは出産後の1か月は布団を敷いたまま、できるだけ横になって、1か月たった頃に布団を上げて、家事をしても大丈夫な時期をいいます。
こうした出産が終わってから、床上げをするまでの期間を産褥期といいます。
産褥期の体には関節の歪みや不安定性、筋肉の損傷や緊張など大きな変化が起こっています
出産後は赤ちゃんがお腹から出てきて体が軽くなることで動きやすく感じるかもしれません。
しかし、赤ちゃんを産むために、骨盤は日常ではありえないくらいに大きく広がるために骨盤を固定する靭帯がゆるみ不安定になって捻挫(ねんざ)をしているような痛めている状態になっています。
この状態で体を動かす運動や家事などをすると、足首を捻挫して無理して走っているのと同じ状態になるので良くないのは理解してもらえると思います。

産褥期(産後1か月)の過ごし方

上記で説明した余蘊に産後1か月は安静が大事です。
ですので起き上がっている時間よりも、横になっている時間の方が長いことが大切です。
とはいえ、赤ちゃんの相手をするだけでも結構な負担です。
1時間相手にかかれば、1時間横になって休むようにしましょう。
そうしていれば1か月の安静期間が過ぎた後は動きやすい体に戻りやすくなります。
産後1か月安静にするのは、出産の疲れや、睡眠不足の解消だけでなく、体の状態を元に戻すために安静にしている必要があるのです。
しかし、出産で思いっきり力んだ体にはかなりの負担がかかっているので筋肉はカチカチ、背骨や骨盤はかなりゆがんでいます。
この状態では自然治癒力が落ちゆっくりしていても元に戻るのが遅くなるので、産後骨盤矯正というものがあります。

産後のトラブルの原因

産後体重が戻っても体型がもどらない原因

出産後体重が戻ってもジーンズが履けない…なんとか履いてもチャックが閉まらないボタンが止まらない…など産後のダイエットにより痩せたにも関わらず、このような悲劇的なことがありますよね(笑)
産後に体重が戻っても産前のパンツやスカートがきつかったり履けなかったりするのは骨盤や股関節が歪んでいるためです。
歪むと骨盤や股関節が前後左右に開いてしまってヒップ周りが大きくなってしまうからなんですね。
このように産後の体重が戻るのと産後の体型が戻るのが違います。
産後骨盤矯正後は、骨盤も閉まり体重さえ元にもどれば再び産前のジーンズがはけるようになります。
さらに骨盤の歪みが整体されれば代謝が上がり痩せやすい体にもなります。

妊娠中からの尿漏れが産後もまだ治らない原因

産後の尿漏れを治すには一般的には骨盤底筋体操が有効とされています。
助産師さん、婦人科や泌尿器科医など勧められご存知の方も多いと思います。
他にも投薬や尿漏れ手術などもあります
もちろん筋肉が弱いと尿漏れしやすくなりますし、老後の尿漏れ予防にもなります。
しかし改善することはあまりないのが現実です。
実際尿漏れパッドなどは、年に20%以上売り上げが伸びている現状です。
この尿もれ対策に有効で効果的に改善する方法が『産後骨盤矯正』なんです!
尿漏れ治療としてはあまり知られていませんが、藤岡治療院に来られている尿漏れで悩まれていた方の9割以上が改善されています(手術が必要な場合は適応外です)。

手術を急ぐ前に、是非一度お試しください。
特別な産後骨盤矯正

産後骨盤ベルトの重要性

上記で述べてきたように骨盤が不安定な状態で動くのはよくありません。
とはいえ現実問題動かないといけないのも事実です。
なので不安定な骨盤をベルトを巻くことで固定し負担を減らすということです。
昔は晒を骨盤にまいて固定してましたが、骨盤ベルトの方が手軽です。
産後に骨盤ベルトや晒(さらし)をまいて固定しているのとしないのでは健康上も美容上も雲泥の差がでますのでめんどくさがらず産後1か月骨盤ベルトで固定しておいてくださいね。
有名なものとしてはトコちゃんベルトがありますが、産後産婦人科で医師に骨盤を固定するベルトについて聞いてみてください。
産後早めに骨盤を整体しベルトで固定していると産後太りや尿漏れ、二人目以降の不妊、腰痛などに悩まなくて済みます。

産後骨盤矯正と産後骨盤ベルトとの違い

トコチャンベルトに代表される産後のベルトはリラキシンというホルモンの影響で緩んだ骨盤をベルトを巻くことで固定し体に負担がかからないようにするためと、より歪みがひどくならないように予防のためにつけます。
産後骨盤矯正では緩んだ骨盤底筋群を引き締め、尿漏れや子宮下垂や脱の予防や改善もできますが、骨盤ベルトで引き締めや症状の完治は期待できません。
つまり産後の骨盤矯正は治療と予防で、ベルトはさらに予防を補強するといった感じです。
産後の骨盤矯正の整体は、妊娠中や出産時に歪んだり硬くなった体を整えます。
出産後は骨盤矯正をしたほうがいいのは確かなのですが、1か月は骨盤はゆるんでいるので、ベルトで固定している方がいいでしょう。

産後骨盤矯正とは

骨盤矯正とは、日常生活で足を組んだり、正座を崩して座ったり、手術跡の影響、スポーツやけがの後遺症などさまざまな原因を元に骨盤が歪んできます。
骨盤の上下・左右・回旋や関節のゆるみなど本来あるべき定位置からずれた骨盤を矯正する整体のことです。
産後の骨盤矯正とは妊娠や出産にともなう骨盤の歪みを整える整体です。
骨盤のゆがみなので骨を調整すればいいと思いがちなのですが、それでは骨盤を矯正するには不十分なんですね。
骨盤をゆがましている本当の原因と根本からの産後骨盤矯正については特別な産後骨盤矯正をご覧ください。

またセルフメンテナンスも重要で産後太り・尿漏れ改善におすすめなのが骨盤底筋を鍛えることです。
産後ダイエットが上手くいかないのは出産時に骨盤が開いて体が歪み赤ちゃんが出てきた時に骨盤底筋がン伸びて代謝がかなり落ちているからです。
なので骨盤底筋を鍛えるだけでも改善されます。
尿漏れの方の場合くしゃみをしたり笑ったりするだけで漏れたりします。
これらは赤ちゃんを産むために骨盤底筋が伸びきって筋力がなくなり尿を止めておくことができなくなっているからです。
なので緩んだ筋肉を鍛えれば、ひどい尿漏れも改善することができます。
詳しい体操の方法については骨盤底筋体操完全版をご覧ください。
産後の過ごし方であなたの今後が変わると言っても過言ではありません。
是非様々なケアを試し実践してあなたの体を大切にしてください。

記事執筆:藤岡 猛(藤岡治療院院長)
マッサージ・指圧・鍼・あんまの国家免許取得後、大型店で13年修行。さらに多角的にアプローチするため、独立してオステオパシー・カイロプラクティック・ストレッチなど多くの技術を習得。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です