筋肉の起始、停止、神経支配、働きについて

ご予約・お問い合わせ 06-7501-6896
※急病のため、ご迷惑をお掛けしますが、しばらくの間休診させていただきます。
〒560-0011 大阪府豊中市上野西1-13-6-6 営業時間 9:00~22:00
※治療中は折り返し、ご連絡差し上げますので、伝言を残してください。

ヘッダ画像

できないことができるように...

累計3万人の治療実績

来院の方の93%の症状が改善!

そのわけは根本原因への直接アプローチ

  • 骨格矯正
    バランス安定
  • 内臓整体
    生命力向上
  • 自律神経
    ストレス解消

筋肉の起始、停止、神経支配、働きについて

肋骨と胸骨にある筋肉

□内肋間筋(ないろっかんきん)
起始:第1~第11肋骨の内面の縁・肋軟骨に付着。
停止:第2~第12肋骨(下位の肋骨の上縁)に付着。
働き:肋骨間を収縮させる。
神経:T1~T11)

外肋間筋(がいろっかんきん)
起始:第1~第11肋骨下縁と肋骨結節に付着。
停止:第2~第12肋骨の上縁に付着。
働き:骨を挙上する。胸郭を拡大する。(呼吸筋として働きます。)
神経:間神経(T1~T11)

□胸横筋
起始:胸骨の後面と剣状突起に付着。
停止:第2~第6肋軟骨に付着。
働き:肋骨を引き下げる。呼気に協力する。
神経:肋間神経(T2~T6)

頚部と体幹の後面の筋肉

□僧帽筋
起始:後頭骨の上項線と外後頭隆起、項靭帯、C7~Th12の棘突起と棘上靭帯
停止:肩甲骨の肩甲棘と肩峰、鎖骨の外側三分の一領域
神経:僧帽筋上部線維→副神経、中部と下部→頚神経叢の筋枝(C2~C4)
働き:全体では肩甲骨を内転、上行部は肩甲骨を下制し上方回旋、
   下行部は肩甲骨を拳上。上肢帯が固定されているときは、頚部を
   同側方に側屈し、両側が働くと、頚部を伸展する。

■肩甲挙筋
起始:C1~C4の横突起の後結節
停止:肩甲骨の内側縁の上三分の一領域 
神経:肩甲背神経(C4~C6)
働き:肩甲骨を拳上する

■菱形筋
起始:小菱形筋→C6~C7の棘突起と項靭帯
   大菱形筋→Th1~Th4の棘突起と棘間靱帯
停止:小菱形筋→肩甲骨の内側縁で大菱形筋の停止の頭方
   大菱形筋→肩甲骨の内側縁の下三分の二領域
神経:肩甲背神経(C4~C6)
働き:肩甲骨を内転、拳上、下方回旋する

■棘上筋
起始:肩甲骨の棘上窩、棘上筋膜
停止:上腕骨の大結節、肩関節包
神経:肩甲上神経(C5)
働き:肩関節を外転する

■棘下筋
起始:肩甲骨の棘下窩、棘下筋膜
停止:上腕骨の大結節の中央部、肩関節包
神経:肩甲上神経(C5~C6)
働き:肩関節を外旋する

■小円筋
起始:肩甲骨の外側縁付近の後面、棘下筋膜
停止:上腕骨の大結節、肩関節包
神経:腋窩神経(C5)
働き:肩関節を外旋する

■大円筋
起始:肩甲骨の下角の後面
停止:上腕骨の小結節稜
神経:肩甲下神経(C5~C7)
働き:肩関節を内転、伸展、内旋する

■広背筋
起始:胸腰筋膜浅葉、Th7~Th12、L1~L5の棘突起、仙骨の正中仙骨稜、
   肩甲骨の下角、腸骨の腸骨稜、第10~12肋骨
※胸腰筋膜(旧名:腰背筋膜):
腰背部にある厚い強靭な筋膜で、浅葉および深葉からできる。
浅葉(後葉):
背筋の浅・深両層の間に張り、僧帽筋、広背筋および菱形筋の下、脊柱起立筋の背側に位し、内側方はすべての椎骨の棘突起、棘上靭帯および正中仙骨稜に、外側方は肋骨角に、また上端は上項線に、下端は腸骨稜および仙骨の後面につく、なお、この筋膜の腰部は背筋の浅層がないので皮下に現れ、著しく厚くなって胸腰筋膜の腱様部となる。腱様部の上方の大部分は広背筋および下後鋸筋の、また下方は大殿筋の一部の起始となる。浅葉は脊柱起立筋の外側縁で深葉と癒着する。
深葉(前葉):深胸腰筋膜または腰肋筋膜ともいい、背筋の前面に位し、第12肋骨、すべての腰椎の肋骨突起および腸骨稜の間に張り、深背筋ことに脊柱起立筋と腰方形筋とをへだてている。深背筋腰部の外側縁で、浅葉と癒合してこれを鞘状につつみ、同時に内腹斜筋および腹横筋の起始をなす。
停止:上腕骨の小結節稜
神経:胸背神経(C6~C8)
働き:肩関節を内転、伸展、内旋する

■上後鋸筋(じょうきょきん)
起始:C6~Th2の棘突起と項靭帯
停止:第2~第5肋骨の肋骨角のすぐ外側方
神経:第2~第4肋間神経(Th2~Th4)
働き:第2~第5肋骨を拳上する

■下後鋸筋(かこうきょきん)
起始:Th11~L2の高さに存在する胸腰筋膜の浅板
停止:第9~第12肋骨の外側下縁
神経:第9~第12肋間神経(Th9~Th12)
働き:第9~第12肋骨を内側尾方に引く

■頭板状筋(とうばんじょうきん)
起始:C3~C7の高さに存在する項靭帯、Th1~Th2の棘突起
停止:側頭骨の乳様突起、後頭骨の上項線の外側部
神経:C2~C5後枝
働き:頚部を伸展する。一側が働くと頚部を伸展、同側方に回旋する

■頚板状筋(けいばんじょうきん)
起始:Th3~Th6の棘突起
停止:C1の横突起の後結節
神経:C2~C5後枝
働き:頚部を伸展する。一側が働くと頚部を伸展、同側方に回旋する

■腸肋筋(ちょうろっきん)
起始:頚部→第3~第7肋骨の上縁
   胸部→第7~第12肋骨の上縁
   腰部→胸腰筋膜の内面、腸骨の腸骨稜、下位腰椎の棘突起、仙骨の正中仙骨稜
停止:頚部→C4~C6の横突起
   胸部→第1~第7肋骨の肋骨角
   腰部→第4~第11肋骨の肋骨角、第12肋骨の下縁
神経:C8~L1後枝

□最長筋(さいちょうきん)
起始:頭部→C3~Th3の横突起と関節突起
   頚部→Th1~Th5の横突起
   胸部→胸腰筋膜、腸骨の腸骨稜、下位胸椎の棘突起と横突起
      腰椎の棘突起、仙骨の正中仙骨稜
停止:頭部→側頭骨の乳様突起
   頚部→C1~C5の横突起
   胸部→全胸椎の横突起と上位腰椎の副突起、肋骨の肋骨角と胸椎の肋骨突起
神経:背髄神経後枝の外側枝
働き:頚部と体幹を伸展する。一側が働くと頚部と体幹を同側方に側屈する

□棘筋(きょっきん)
起始:頭部→下位頚椎~上位胸椎の棘突起
   頚部→C6~Th2の棘突起
   胸部→Th10~L2の棘突起
停止:頭部→頭半棘筋の内側縁
   頚部→C2~C4の棘突起
   胸部→Th2~Th8の棘突起
神経:C2~Th12の後枝の内側枝
働き:頚部と体幹を伸展する

□半棘筋(はんきょくきん)
起始:
頭部→
C4~Th6の横突起 がきし
後頭骨の後頭鱗で頭最長筋の停止のすぐ内側方停止 が
   頚部→
Th1~Th6の横突起 がきし
C2~C5の棘突起 がていし
胸部→
Th7~12の横突起
停止
   胸部→C6~上部胸椎の棘突起
神経:C2~Th7の後枝の内側枝
働き:頚部と体幹を伸展する。一側が働くと、頚部と体幹を反対側に回旋する。

□多裂筋たれつきん)
起始:C4~7の下関節突起、全胸椎の横突起、全腰椎の乳頭突起と副突起
   仙骨の後面
停止:軸椎以下の全椎骨の棘突起
神経:C3~S3の後枝の内側枝
働き:頚部と体幹を伸展する。一側が働くと頚部と体幹を反対側方に回旋する

□回旋筋かいせんきん)
起始:軸椎以下の全椎骨の横突起
停止:1つもしくは2つ上の椎骨の棘突起
神経:C3~S3の後枝の内側枝
働き:一側が働くと、体幹を反対側方に回旋する

□肋骨挙筋(ろっこつきん)
起始:C7~Th12の横突起
停止:1つもしくは2つ下の肋骨の上縁で肋骨結節と肋骨角の間の領域
神経:C8の後枝、Th1~11の肋間神経

腰方形筋(ようほうけいきん)
起始:L2~5の肋骨突起、腸骨の腸骨稜と腸腰靭帯
停止:第12肋骨の下縁、L1~4の肋骨突起と第12肋骨
神経:第12胸神経とL1~3の枝
働き:第12肋骨を引き下げる。体幹を同側方に側屈する

□大後頭直筋(だいこうとうちょくきん)
起始:C2棘突起
停止:後頭骨の下項線の中央三分の一の領域
神経:後頭下神経の後枝
働き:環椎後頭関節と環軸関節を伸展する。一側が働くと、同関節を
   同側方に側屈、回旋する

□小後頭直筋(ことうちょくきん)
起始:C1後結節
停止:後頭骨の下項線の内側三分の一の領域
神経:後頭下神経の後枝
働き:環椎後頭関節を伸展する。一側が働くと、同関節を同側方に側屈する。

□上頭斜筋(じょうとうしゃきん)
起始:C1横突起
停止:後頭骨の下項線
神経:後頭下神経の後枝
働き:環椎後頭関節を伸展する。一側が働くと、同関節を同側方に側屈、
   反対側方に回旋する

□下頭斜筋(かとうしゃきん)
起始:C2棘突起
停止:C1横突起
神経:後頭下神経の後枝
働き:環軸関節を伸展する。一側が働くと、同関節を同側方に側屈、
   同側方に回旋する

□大殿筋(だいでんきん)
起始:腸骨の腸骨翼の外面で後殿筋線の後方、仙骨の外側縁、
   尾骨の外側縁、胸腰筋膜、仙結節靭帯
停止:腸脛靭帯、大腿骨の殿筋粗面
神経:下殿神経L4~S2
働き:股関節を伸展する

□中殿筋(ちゅうでんきん)
起始:腸骨の腸骨翼の外面で前殿筋線と後殿筋線の間と腸骨稜の外唇、殿筋膜
停止:大腿骨の大転子の近位端の外側面
神経:上殿神経L4~S2
働き:股関節を外転する

□小殿筋(ぢょうでんきん)
起始:腸骨の腸骨翼の外面で前殿筋線と下殿筋線の間と下殿筋線より尾方の領域
停止:大腿骨の大転子の内側面
神経:上殿神経L4~S1
働き:股関節を外転する

□梨状筋(りじょうきん)
起始:仙骨の前面で、上位3つの前仙骨孔の周辺
停止:大腿骨の大転子の近位端
神経:仙骨神経叢S1~S2
働き:股関節を外旋する

□内閉鎖筋(ないへいさきん)
起始:寛骨の内面で閉鎖膜とその周り
停止:大腿骨の転子窩
神経:仙骨神経叢L5~S3
働き:股関節を外旋する

□上双子筋(じょうそうしきん)
起始:坐骨の坐骨棘
停止:内閉鎖筋の腱
神経:仙骨神経叢L4~S1
働き:股関節を外旋する

□下双子筋(したそうしきん)
起始:坐骨の坐骨結節
停止:内閉鎖筋の腱
神経:仙骨神経叢L4~S1
働き:股関節を外旋する

□大腿方形筋(だいたいほうこうきん)

起始:坐骨の坐骨結節
停止:大腿骨の大転子の遠位部と転子間稜
神経:坐骨神経L4~S1
働き:股関節を外旋する

□外閉鎖筋(がいへいさきん)
起始:寛骨の外面で閉鎖孔縁と閉鎖膜
停止:大腿骨の転子窩
神経:閉鎖神経L3~4
働き:股関節を外旋する

頚部と体幹の前面の筋

■胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)
起始:胸骨頭→胸骨柄の上縁と前面、鎖骨頭→鎖骨の内側三分の一の領域
停止:側頭骨の乳様突起、後頭骨の上項線の外側部
神経:副神経、頚神経叢の筋枝C2~3
働き:頚部を伸展しながら前尾方に引く。
   一側が働くと、頭を同側方に側屈、反対側方に回旋する

■前斜角筋(ぜんしゃかくきん)
起始:C3~6の横突起の前結節
停止:第1肋骨の前斜角筋結節(リスフラン結節)
神経:頚神経叢と腕神経叢の直接枝C4~7
働き:第1肋骨を引き上げる。頚部を同側方に側屈する

■中斜角筋(ちゅうしゃかくきん)
起始:前頚椎の横突起の前結節
停止:第1肋骨の鎖骨下動脈溝の後方の隆起
神経:頚神経叢と腕神経叢の直接枝C2~8
働き:第1肋骨を引き上げる。頚部を同側方に側屈する

■後斜角筋(こうしゃかくきん)
起始:C4~7の横突起の後結節
停止:第2肋骨の外側面
神経:腕神経叢の直接枝C5~8
働き:第2肋骨を引き上げる。頚部を同側方に側屈する

■大胸筋(だいきょうきん)
起始:鎖骨部→鎖骨の内側二分の一の領域
   胸肋部→胸骨と第2~7肋軟骨の前面
   腹部→腹直筋鞘の前葉
停止:上腕骨の大結節稜
神経:内側胸筋神経C7~8、外側胸筋神経C5~8、Th1
働き:肩関節を内転・内旋する。上肢を固定すると、胸骨と肋骨を引き上げる

■小胸筋(しょうきょうきん)
起始:第2~5肋骨の前面
停止:肩甲骨の烏口突起
神経:内側胸筋神経C7~8
働き:肩甲骨を前尾方に引く。肩甲骨を固定すると、第2~5肋骨を引き上げる

■鎖骨下筋(さこつかきん)
起始:第1肋骨と第1肋軟骨の境付近の前上面
停止:鎖骨の下面
神経:鎖骨下筋神経C5
働き:鎖骨を前尾方に引く

■肩甲下筋(けんこうかきん)
起始:肩甲骨の肩甲下窩、肩甲下筋膜
停止:上腕骨の小結節と小結節稜、肩関節包
神経:肩甲下神経C5~6
働き:肩関節を内転、内旋する

□前鋸筋(ぜんきょきん)
起始:第1~8肋骨、第1~2肋骨間の腱弓
止:肩甲骨の上角、内側縁及び下角
神経:長胸神経C5~7
働き:肩甲骨を外転、上方回旋する。肩甲骨を固定すると、肋骨を
   外側頭方に引く。上肢の運動のとき、肩甲骨の固定筋として働く

■腹直筋(ふくちょくきん)
起始:恥骨の恥骨結合の前面、恥骨の上縁
停止:第5~7肋軟骨、胸骨の剣状突起、肋剣靱帯
神経:肋間神経Th5~12
働き:体幹を前屈する

□錐体筋(すいたいきん)
起始:恥骨の上縁
停止:腹直筋鞘、白線の下端
神経:肋間神経Th12前枝
働き:白線を伸張し、腹直筋の働きを助ける

□胸横筋
(起始)
胸骨の後面と剣状突起に付着。
(停止)
第2~第6肋軟骨に付着。
【胸横筋の主な働き】
肋骨を引き下げる。呼気に協力する。
【胸横筋の神経支配】
肋間神経(T2~T6)

■外腹斜筋(がいふくしゃきん)
起始:第5~12肋骨の前面から外側面
停止:腸骨の腸骨稜の外唇の前方二分の一の領域、鼡径靭帯、白線
神経:肋間神経Th5~12
働き:胸郭を引き下げる。体幹を前屈、同側方に側屈、反対側方に回旋する。
   胸郭を固定すると、骨盤を引き下げる

■内腹斜筋(ないふくしゃきん)
起始:鼡径靭帯、腸骨の腸骨稜の中間線、胸腰筋膜の深葉
停止:第10~12肋骨の下縁、腹直筋鞘、白線
神経:肋間神経Th5~12
働き:胸郭を引き下げる。体幹を前屈、同側方に側屈、同側方に回旋する。
   胸郭を固定すると骨盤を引き上げる

□腹横筋(ふくおうきん)
起始:第6~12肋軟骨の内面、胸腰筋膜、腸骨の腸骨稜の内唇、鼡径靭帯の外側部
停止:腹直筋鞘
神経:肋間神経Th7~12
働き:第6~12肋骨を引き下げる

□腸骨筋(ちょうこつきん)
起始:腸骨の上縁と内面
停止:大腰筋の前内側面、大腿骨の小転子
神経:腰神経叢の筋肉枝L2~4
働き:股関節を屈曲、外旋する

□大腰筋(だいようきん)
起始:Th12~L4の椎体とL1~4の肋骨突起(浅層)L1~5の肋骨突起(深層)
停止:大腿骨の小転子
神経:腰神経叢の筋肉枝Th12~L4
働き:股関節を屈曲、外旋する。腰椎を前尾方に引く

□小腰筋(しょうようきん)

始:Th12とL1の椎体の外側面
停止:腸骨筋膜から腸恥隆起
神経:腰神経叢の筋肉枝Th12~L4
働き:腸骨筋膜を張り、腰椎を外側方に引く

上肢の筋肉

□三角筋(さんかくきん)
始:鎖骨の外側三分の一の領域、肩甲骨の肩峰と肩甲棘
停止:上腕骨の三角筋粗面
神経:腋窩神経C4~6
働き:前部線維→肩関節を屈曲、内旋する。
   中部線維→肩関節を外転、外旋する。
   後部線維→肩関節を伸展、外旋する

□上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)
起始:長頭→肩甲骨の関節上結節。短頭→肩甲骨の烏口突起
停止:橈骨の橈骨粗面、前腕筋膜
神経:筋皮神経C6~7
働き:肘関節を屈曲する。前腕を回外する。

□烏口腕筋(うこうわんきん)
起始:肩甲骨の烏口突起
停止:上腕骨の内側面の中央部
神経:筋皮神経C6~7
働き:肩関節を屈曲、内転する

□上腕筋(じょうわんきん)
起始:上腕骨の前面で三角筋の停止より尾方の領域。
   内側上腕筋間中隔、外側上腕筋間中隔、肘関節包の前面
停止:尺骨の鉤状突起と尺骨粗面、肘関節包の前面
神経:筋皮神経C5~6、外側部の筋腹は橈骨神経C7
働き:肘関節を屈曲する

□上腕三頭筋((じょうわんさんとうきん)
起始:長頭→肩甲骨の関節下結節
   内側頭→上腕骨の後面で橈骨神経溝より内側尾方の部位、
□ 内側上腕筋間中隔
   外側頭→上腕骨の後面で橈骨神経溝より外側尾方の部位、外側上腕筋間中隔
停止:尺骨の肘頭
神経:橈骨神経C6~8
働き:肘関節を伸展する

□腕とう骨筋(わんとうこつきん)
起始:上腕骨の外側縁の遠位三分の一の部分付近、外側上腕筋間中隔
停止:橈骨の茎状突起の近位部
神経:橈骨神経C5~6
働き:肘関節を屈曲する。前腕部を回外する

□長橈側手根伸筋(ちょうとうそくしゅこんしんきん)
起始:上腕骨の外側縁の遠位四分の一の領域、上腕骨の外側上顆、外側上腕筋間中隔
停止:第2中手骨の底
神経:橈骨神経C6~7
働き:手関節を背屈、橈屈する

□短橈側手根伸筋(たんとうそくしゅこんしんきん)
起始:上腕骨の外側上顆、橈骨輪状靭帯、総指伸筋との間の腱板
停止:第3中手骨の底
神経:橈骨神経の深枝C6~7
働き:手関節を背屈、橈屈する

□回外筋(かいがいきん)
始:上腕骨の外側上顆、肘関節の橈側側副靭帯、橈骨輪状靭帯、尺骨の回外筋稜
停止:橈骨の橈側面の近位三分の一の領域
神経:橈骨神経の深枝C5~7
働き:前腕部を回外する

□肘筋(ちゅううきん)
起始:上腕骨の外側上顆
停止:尺骨の肘頭の橈側面
神経:橈骨神経C6~8
働き:肘関節を伸展する。肘関節包を外側方に引く

□尺側手根伸筋(しゃくそくしゅこんしんきん)
起始:上腕骨の外側上顆、肘関節の橈側側副靭帯、尺骨の後面
停止:第5中手骨の底の背側面
神経:橈骨神経の深枝C7~8
働き:手関節を背屈、尺屈する

□総指伸筋(そうししんきん)
起始:上腕骨の外側上顆、前腕筋膜
停止:示指から小指の中節骨の底、示指から小指の末節骨の底
神経:橈骨神経の深枝C6~8
働き:示指から小指を伸展する

□小指伸筋(しょうししんきん)
起始:小指伸筋の筋膜
停止:小指の指背腱膜
神経:橈骨神経の深枝C6~8
働き:小指を伸展する

□示指伸筋(じししんきん)
起始:前腕骨間膜、尺骨の後面、尺側手根伸筋の筋膜
停止:示指の指背腱膜
神経:後骨間神経C6~8
働き:示指を伸展する

□長母指伸筋(ちょうぼししんきん)
起始:前腕骨間膜、尺側手根伸筋の筋膜
停止:母指の末節骨の底
神経:橈骨神経の深枝C6~8
働き:母指を伸展する

□短母指伸筋(たんぼししんきん)
起始:前腕骨間膜、橈骨の後面
停止:母指の基節骨の底
神経:橈骨神経の深枝C6~8
働き:母指の中手指節関節を伸展する。母指を外転する

□長母指外転筋(ちょうぼしがいてんきん)
起始:尺骨の骨間縁、前腕骨間膜、橈骨の後面
停止:第1中手骨の底
神経:橈骨神経の深枝C6~8
働き:母指を外転する

□円回内筋(えんかいないきん)
起始:上腕骨の内側上顆、内側上腕筋間中隔、尺骨の鉤状突起
停止:橈骨の前面と橈側面(回内筋粗面)
神経:正中神経C6~7
働き:前腕部を回内する。肘関節を屈曲する

□橈側手根屈筋(とうそくしゅこんくっきん)
起始:上腕骨の内側上顆、前腕筋膜
停止:第2第3中手骨の底
神経:正中神経C6~7
働き:手関節を掌屈する。前腕部を回内する

□長掌筋(ちょうしょうきん)
起始:上腕骨の内側上顆、前腕筋膜
停止:手掌腱膜
神経:正中神経C7
働き:手関節を掌屈する。手掌腱膜を頭方に引く

□尺側手根屈筋(しゃくそくしゅこんくっきん)
起始:上腕骨の内側上顆、尺骨の後縁の近位二分の一の領域、前腕筋膜
停止:豆状骨、有鉤骨、第5中手骨の底
神経:尺骨神経C8~Th1
働き:手関節を掌屈、尺屈する

□浅指屈筋(せんしくっきん)
起始:上腕骨の内側上顆、尺骨の尺骨粗面の尺側部、橈骨の前面の近位部
停止:示指から小指の中節骨の底
神経:正中神経C7~Th1
働き:示指から小指の近位指節間関節を屈曲する

□深指屈筋(しんしくっきん)
起始:尺骨の前面の近位三分の二の領域、前腕骨間膜
停止:示指から小指の末節骨の底
神経:正中神経C7~Th1と尺骨神経C7~Th1
働き:示指から小指の遠位指節間関節を屈曲する

□長母指屈筋(ちょうぼしくっきん)
起始:橈骨の前面で回外筋の停止の尾方、前腕骨間膜
停止:母指の末節骨の底神経:前腕骨間神経C6~7
働き:母指の指節間関節を屈曲する

□方形回内筋(ほうけいかいないきん)
起始:尺骨の前面の遠位四分の一の領域
停止:橈骨の前面の遠位四分の一の領域
神経:前腕骨間神経C6~Th1
働き:前腕部を回内する

下肢の筋肉

■大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)
起始:腸骨の上前腸骨棘
停止:腸脛靭帯を介して脛骨の外側顆
神経:上殿神経L4~S2
働き:股関節を屈曲、外転、内旋する。大腿筋膜を前頭方に引く

■縫工筋(ほうこうきん)
起始:腸骨の上前腸骨棘のすぐ尾方
停止:脛骨の脛骨粗面の内側方
神経:大腿神経L2~3
働き:股関節を屈曲、外転、外旋する。膝関節を屈曲する

大腿直筋(だいたいちょっきん)
起始:腸骨の下前腸骨棘と寛骨臼の上縁
停止:膝蓋骨の膝蓋骨底
神経:大腿神経L2~4
働き:股関節を屈曲する。膝関節を伸展する

□内側広筋(ないそくこうきん)
起始:大腿骨の転子間線の尾方と粗線の内側唇
停止:膝蓋骨の膝蓋骨底と内側縁
神経:大腿神経L2~3
働き:膝関節を伸展する

□中間広筋(ちゅうかんこうきん)
起始:大腿骨の大腿骨体の前面
停止:膝蓋骨の膝蓋骨底
神経:大腿神経L2~4
働き:膝関節を伸展する

□外側広筋(がいそくこうきん)
起始:大腿骨の大転子の前面から外側面と粗線の外側唇
停止:膝蓋骨の膝蓋骨底と外側縁
神経:大腿神経L3~4
働き:膝関節を伸展する

◎これら4つの筋肉のの停止は膝蓋靭帯を介して脛骨の脛骨粗面に終わります。

□薄筋(はっきん)
起始:恥骨の恥骨下枝
停止:脛骨粗面の内側方で縫工筋の停止の後方
神経:閉鎖神経L2~4
働き:股関節を内転する。膝関節を屈曲する

長内転筋(ちょうないてんきん)
起始:恥骨の恥骨結合の前面から恥骨結節
停止:大腿骨の粗線の内側唇(粗線の内側を走る隆線をいう。
)の中央三分の一の領域
神経:閉鎖神経L3~4
働き:股関節を内転する

□大内転筋(だいないてんきん)
起始:坐骨の坐骨下枝の前面、坐骨結節の下面
停止:大腿骨の粗線の内側唇の小転子と内転筋結節の間の領域
神経:閉鎖神経L3~4
働き:股関節を内転する

□大腿二頭筋(だいたいにとうきん)
起始:長頭→坐骨結節の後面
   単頭→大腿骨の粗線の外側唇の遠位二分の一の領域
停止:腓骨の腓骨頭、下腿筋膜
神経:長頭→脛骨神経L5~S1、単頭→総腓骨神経L4~S1
働き:膝関節を屈曲する。下腿部を外旋する。

□□半けん様筋(はんけんようきん)
起始:坐骨の坐骨結節の内側面
停止:脛骨の脛骨粗面の内側方で薄筋の停止の後尾方、下腿筋膜
神経:脛骨神経L4~S2
働き:膝関節を屈曲する。下腿部を内旋する

□半膜様筋(はんまくようきん)
起始:坐骨の坐骨結節
停止:脛骨の内側顆、斜膝窩靭帯、下腿筋膜
神経:脛骨神経L4~S1
働き:膝関節を屈曲する。下腿部を内旋する

□前けい骨筋(ぜんけいこつきん)
起始:脛骨の外側面の近位二分の一の領域、
   下腿骨間膜の前面の近位三分の二の領域、下腿筋膜
停止:内側楔状骨、第1中足骨の底
神経:深腓骨神経L4~S1
働き:足関節を背屈する。足部を内反する

□長指伸筋(ちょうししんきん)
起始:脛骨の外側面の近位端、腓骨の前縁、下腿骨間膜、下腿筋膜
停止:第2~4指および小指の指背腱膜
神経:深腓骨神経L4~S1
働き:第2~4指および小指を伸展する。足関節を背屈する。足部を外反する。

□第3腓骨筋(だいさんひこつきん)
起始:腓骨の遠位部
停止:第5中足骨の底
神経:深腓骨神経L4~S1
働き:足関節を背屈する。足部を外反する

□長母指伸筋(ちょうぼししんきん)
起始:下腿骨間膜、腓骨の内側面の中央部
停止:母指の末節骨の底、一部は基節骨の底
神経:深腓骨神経L4~5
働き:母指を伸展する。足関節を背屈し、足部を内反する

□長腓骨筋(ちょうひこつきん)
起始:脛骨の外側顆、脛腓関節包、腓骨の腓骨頭と外側面の近位三分の一の領域
   および外側縁の中央三分の一の領域、前下腿筋間中隔、
   後下腿筋間中隔、下腿筋膜
停止:内側楔状骨、第1(2)中足骨の底
神経:浅腓骨神経L5~S1
働き:足関節を底屈する。足部を外反する

□短腓骨筋(たんひこつきん)
起始:腓骨の外側面の遠位三分の二の領域、前下腿筋間中隔、後下腿筋間中隔
停止:第5中足骨の第5中足骨粗面
神経:浅腓骨神経L5~S1
働き:足関節を底屈する。足部を外反する

□ひ腹筋(ひふくきん)
起始:大腿骨の内側上顆(内側頭)と外側上顆(外側頭)
停止:踵骨の踵骨隆起
神経:脛骨神経L5~S2
働き:足関節を底屈する、膝関節を屈曲する

□ヒラメ筋(ひらめきん)
起始:脛骨の後面のヒラメ筋線と内側縁、腓骨の腓骨頭、ヒラメ筋腱弓
停止:踵骨の踵骨隆起
神経:脛骨神経L4~S3
働き:足関節を底屈する

□足底筋(そくていきん)
起始:大腿骨の外側上顆、膝関節包(特に弓状膝窩靱帯)
停止:踵骨の内側部と踵骨隆起、下腿筋膜、足底筋膜
神経:脛骨神経L4~S1
働き:足関節を底屈する。膝関節を屈曲する

□膝か筋(しつかきん)
起始:大腿骨の外側顆、膝関節の外側側副靭帯、膝関節包
停止:脛骨の後面でヒラメ筋線の頭方
神経:脛骨神経S4~S1
働き:膝関節を屈曲する

□長指屈筋(ちょうしくっきん)
起始:脛骨の後面、下腿骨間膜
停止:第2~4指および小指の末節骨の底
神経:脛骨神経L5~S2
働き:第2~4指および小指を屈曲する。足関節を底屈する

□長母指屈筋(ちょうぼしくっきん)
起始:腓骨の後縁の遠位三分の二の領域、下腿骨間膜の後面の遠位部
停止:母指の末節骨の底
神経:脛骨神経L5~S2
働き:母指を屈曲する。足関節を底屈する

□後けい骨筋(こうけいこつきん)
起始:脛骨の後面、腓骨の内側面、下腿骨間膜の後面
停止:舟状骨の舟状骨粗面、内側~外側楔状骨、立方骨、第2~4中足骨
:脛骨神経L5~S2
働き:足関節を底屈し、足部を内反する

□恥骨筋(ちこつきん)
起始:恥骨の恥骨櫛(ちこつしつ)に付着。恥骨体の上縁は恥骨上枝につづく恥骨櫛である
停止:大腿骨の恥骨筋線に付着。
働き:股関節を内転する。股関節を屈曲補助する。
神経支配:大腿神経(L2~L4)
閉鎖神経(L2~L3)

記事執筆:藤岡 猛(藤岡治療院院長)
マッサージ・指圧・鍼・あんまの国家免許取得後、大型店で13年修行。さらに多角的にアプローチするため、独立してオステオパシー・カイロプラクティック・ストレッチなど多くの技術を習得。