アーカイブページ|野球肩の特別な鍼整体法|整体鍼マッサージの藤岡治療院[豊中市]

ご予約・お問い合わせ 06-7501-6896
※急病のため、ご迷惑をお掛けしますが、しばらくの間休診させていただきます。
〒560-0011 大阪府豊中市上野西1-13-6-6 営業時間 9:00~22:00
※治療中は折り返し、ご連絡差し上げますので、伝言を残してください。

ヘッダ画像

できないことができるように...

累計3万人の治療実績

来院の方の93%の症状が改善!

そのわけは根本原因への直接アプローチ

  • 骨格矯正
    バランス安定
  • 内臓整体
    生命力向上
  • 自律神経
    ストレス解消

野球肩の特別な鍼整体法

野球肩が思いっきり投げれるように治る!95%(153人中145任)が改善!

あなたのなかなか治らない野球肩の痛みを撮る方法と原因についてここではお話しています。
あなたは、野球型の治し方でストレッチやアイシングなどされている、病院や整骨院で治療しても何か月も治らない、野球型の手術意外に何か治療法はないか?自分でできる野球肩を強くする方法はないかと探されているかもしれません。

また野球肩の症状で、野球をしていて肩が痛い、上がらない、肩がしびれる、だるいという事が多くなります。

野球を上達するために一生懸命頑張っていても、筋肉が硬かったり骨がゆがみがある状態だと逆効果になったりもします。

逆を言えば体の硬さやゆがみを鍼、整体、マッサージで治療するだけでも投球速度アップや早く走ることが出来る、フォームが安定するなどの野球のパフォーマンス向上が期待できます。

ここではそんなあなたの野球肩の本当の原因や治療法、自分でできるストレッチ方法をお伝えしていきます。

野球肩とは

野球肩とは、投球動作によっておこる肩関節の痛みが、主な症状である疾患の総称をいいます。

使い過ぎにより過度の負担、ストレッチなどの準備運動不足、不良なフォームなどが原因になりやすいです。

肩関節周囲の組織(筋肉、腱、じん帯など)を損傷して痛みが出ます。

肩のスポーツ障害の中で、一番多いのはいわゆる野球肩です。


テニスのサーブやバレーボールのアタックなどでも野球肩と同様の障害がおこります。

野球肩の一般的な原因

投球動作のうち手を頭の後ろに引き、投げはじめから加速期までは、肩関節の主に前方部分の上腕二頭筋腱や、腱板、腱の隙間などが損傷を受け、炎症をおこします。

加速期から投げ終わりのフォロースルー期においては、主に後方部分の筋肉や腱が、強く引き伸ばされて損傷を受け、腱板が肩峰部にぶつかるため、損傷されて炎症をおこします

繰り返しの後方部分へのストレスで肩甲骨関節のくぼみの後方(上腕三頭筋長頭腱付着部)に、骨棘(骨のトゲ)をつくることがあります。

また、肩関節自体が骨折したり、神経に傷害を受けることや、肩関節の周囲の筋肉が慢性的に痛むこともあります。

野球肩の本当の原因

野球肩の痛みのメカニズムや動作による原因について説明してきました。

でも同じ動作をしていても野球肩にならない人もいる、その差は何かというと体を痛めやすくしている根本原因が同災害にあるということです。

その根本原因は、筋肉、骨、内臓、神経血管など身体全身を一枚で包んでいる膜(硬膜、筋膜、骨膜、胸膜、腹膜)が様々な原因によって歪んだり硬くなることで起こります。

例えば全身タイツを来ている状態をイメージしてください。

そこでどこか一か所引っ張ったり捩じったりすると体が窮屈になるのが分かると思います。

この窮屈な状態で今まで説明してきた誘因が重なり、さらに使い続けることで自律神経に負担がかかり不調が起こるんですね。

詳しい根本原因については痛み・歪み、痺れ、冷えの本当の根本原因とはをご覧ください。

つまり肩を動かしたときに痛い症状といって、その原因が肩にあるというわけではないんですね。

ある時は、甘い物の食べ過ぎで十二指腸がが硬くなり膜が引っ張られて肩に負担がかかったり、むち打ちの影響で頭蓋骨が歪みそこからの影響で不調がでることも、あります。

野球肩の治し方は、これら多くの原因を検査し治療する必要があります。

それでは野球肩を治すにはどの治療方法がいいかというと…

辿り着いた改善率93%!治療の進化を探求し続けます。

当院で行う独自のFSTS鍼整体法は特別な治療法です。
痛めたところではなく、離れた箇所を治療することも多くあります。
それは根本原因が別の部分にあるからです。
当院に来院される60%の方が病院や鍼灸、整体での治療で解決しなかった方です。
体の不調を起こす原因は様々で治療法によってはアプローチできないものがあります。

そこで、それぞれの治療法の弱点をなくすために、整体とカイロプラクティックの大元であるオステオパシー医学と鍼やマッサージの東洋医学の長所を組み合わせます。

さらに『気』を送り込むエネルギー療法を加えることで体が正常化する時間をより短縮できるようになりました。

» FSTS鍼整体法の詳細


治療費について

初回は初診料2,000円をお願いしています
治療時間と回数の目安治療1枠の時間は10~20分です。
初回の方や早めに治したい方、症状のひどい方は2枠を取られることをおすすめします。

治療予約1枠(10~20分) 5,000円
治療時間が長く取れない方、ぎっくり腰や寝違いなど時間を長く治療できない方、メンテナンスに移行されている方
2枠(30~50分 10,000円
2枠(30~50分 10,000円 初診の方、身体の状態が良くない方、精神的なストレスが多い方、仕事や趣味などハードにされている方など

※来院回数の目安は1枠で6~8回、2枠で4~6回です。
※金額は税別です。

予約変更・キャンセルは、緊急時を除いて3日前までにお願いします。
移行のキャンセルには規定をもうけさせていただいておりますので、ご確認ください。

» 料金案内

野球肩の治療例

(1)16歳 高校生 野球部 弾性

【主訴】

右肩のスローイング時の痛み、腕を後ろに引いた時の痛み

【治療】

体の傾きで検査していく骨指標という方法で見ていくと全体的に右下がりだが、右肩と肘で圧縮されているかんじになっていた。

傾聴という検査法でプライマリ病変(根本原因)を調べると頭蓋骨に引かれた。

治療として頭蓋を腱さしていくと右輪状縫合と鼻骨の歪みがかなりキツクあった。

話をきくと昔店頭し強打したことがあるらしく、これがかなりの大本になっているようだった。

これを治療しただけで肩を動かした時の痛みが半減していた。

次に右の内頸静脈に柔軟性がなくなっていたのでゆるめ、仙尾関節の捻じれをとり右肩甲上腕関節の歪みを整え右肩周辺の筋肉の硬さを筋膜リリースし終了

治療後、動かすのはスムーズになり後ろに引く痛みは2割程度までへっていたようだった。

そののち1週間に1回を5回こられ(2回目で痛みはほぼなくなっていた)、今は月に1~2回メンテナンスにこられています。

(2)20歳 女性 テニスプレイヤー

【主訴】

サーブ時の肩の痛み、テニス肘、腰痛

【治療】

骨指標で検査すると上半身は右下がりで下半身は左下がり、右肩と肘で圧縮されており、傾聴すると仙骨に引かれました。

背中をそってもらっても腰が曲がりきらず

野球肩予防体操&ストレッチ

野球肩はもちろん使い過ぎが誘因ではあるんですが、普段からしっかり体をゆるめ、バランスを整えていれば予防し改善することは可能です。

以下の藤岡治療院でおすすめしている体操をストレッチをして野球肩を予防帯s杭してくださいね。

肩から腕を柔らかくする体操&ストレッチ動画

身体の捻じれを柔らかくし野球のパフォーマンスUP!骨盤の矯正ストレッチ動画

私が肩を固定し腕を外から上げていくと120度以上あがらなくなっていました。

聞くと以前交通事故でむち打ちをしており、その衝撃が仙骨と後頭骨に上下にのこり体が硬くなっている所にテニスを頑張りすぎて故障しているようでした。

仙骨をもう少し検査すると尾骨が捻じれて傾いており、後頭骨も押し込まれていたので共に矯正、胸椎の一番が右屈し肩甲上腕関節の上腕骨頭が中に突っ込んでいたので矯正、心臓の軸が下方に下がっていたので調整し左三角間膜をゆるめ首片腕腰の筋膜リリースマッサージをし治療は終了

自覚的にも楽になっていたようで右腕は180度あがるようになり腰もそれるようになっていました。

そののち一週間はテニスを休んでもらい週一回を系5回治療にきてもらいましたが、2回目あとで少しプレーをしても痛みがあまりでなく、無理をすると痛いようでしたが、4回目で痛みはなくなっていたようでした。

テニスをハードにされているのでメンテナンスは2週間に一度こられていますが再発されていません。

記事執筆:藤岡 猛(藤岡治療院院長)
マッサージ・指圧・鍼・あんまの国家免許取得後、大型店で13年修行。さらに多角的にアプローチするため、独立してオステオパシー・カイロプラクティック・ストレッチなど多くの技術を習得。

野球肩-関連記事一覧

該当記事はありません。