アーカイブページ|自律神経失調症のための本当の鍼・整体治療|整体鍼マッサージの藤岡治療院[豊中市]

ご予約・お問い合わせ 06-7501-6896
※急病のため、ご迷惑をお掛けしますが、しばらくの間休診させていただきます。
〒560-0011 大阪府豊中市上野西1-13-6-6 営業時間 9:00~22:00
※治療中は折り返し、ご連絡差し上げますので、伝言を残してください。

ヘッダ画像

できないことができるように...

累計3万人の治療実績

来院の方の93%の症状が改善!

そのわけは根本原因への直接アプローチ

  • 骨格矯正
    バランス安定
  • 内臓整体
    生命力向上
  • 自律神経
    ストレス解消

自律神経失調症のための本当の鍼・整体治療

【自律神経失調症化も…あなたはいくつ当てはまりますか】

  • いつも頭が痛くて重い
  • 風邪をひきやすい
  • めまいやふらつき、振り向いたときや歩行中に不安定感がある

  • 夜、寝つきが悪い。途中で目覚める
  • 血圧が不安定
  • 温かい場所に長時間いられない
  • 静かにしていても心臓がドキドキする。動悸がする
  • 目が疲れる、開けていられない、目の奥が痛い
  • 胃腸の調子が悪い、腹部膨満感がある
  • だるくて横になりたくなる
  • やる気が出ない、疲れやすい、全身に倦怠感がある
  • イライラしたり不安感がある
  • 胸の痛み、圧迫感、しびれ

このページを見ているあなたは1つは当てはまったことでしょう。本当に辛かったと思います。
自律神経失調症は、人間関係に厳しい中高年の大人や教師激務の医師、看護士、に多いように思われますが、今では勉強やスポーツの頑張りすぎで小学生、中学生、高校生と子供にも多く起立性調節障害として診断されることもあります。
そして自律神経が乱れる原因も様々なので症状の根本原因をみつけて治療するのは難しく要因へ行っても自律神経の不調は良くならないことが多い症状です。
あなたも自律神経の乱れが治らなくて、このページにたどり着かれたのかもしれませんね。
大丈夫です。
自律神経失調症は、当院でも多い症状で、正しく治療をすれば早期に改善する症状です。
下の動画は当院で自律神経の乱れを治療し更年期障害の症状のホットフラッシュが改善された患者さんの乾燥です。

※個人の感想であり、施術効果には個人差があります。
この動画の患者さんのように藤岡鍼・整体・マッサージ治療院では、自律神経の不調に特化したFSTS鍼整体法を使い根本原因から症状を改善していき、あなたのように自律神経失調症で悩まれている方を日常生活はもちろん、仕事やスポーツを思い通りにできるようになっていただいています。
もし、あなたの自律神経失調症の症状が色んな治療をしているのに改善していないとしたら、原因に対しての対処が間違っている可能性があります。
このページを最後まで読んでもらえればあなたの自律神経失調症の解決の手助けになるでしょう!

自律神経失調症の一般的な原因

自律神経失調症は、病院などではうつ病やパニック障害、過敏性腸症候群や身体表現性障害などが原因の病気とされることが多いみたいで、原因の病気が特定できない場合でもストレスが誘因になっている可能性が高いため、適応障害と診断されます。
※適応障害とは、ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れる事をいいます。

今説明した原因だと病気が自律神経失調症の原因とされていますが、じゃあ病気の原因はなんやねんって話ですよね。
病院ではその原因は分からない事が多くストレスとすることが多いんですね。
病院にいってもカウンセリングを受けても改善しないのであれば、今見ている原因は本当の原因ではないといえますよね。
なので、薬をもらってもカウンセリングを受けても自律神経失調症を改善できないでいるんです。
自律神経失調症は何かの原因で発祥しているわけですから、多くの欝病は脳の病気でも心の病気でもない。
それらは結果であって、原因とは言えないでしょう。
病院では、自律神経失調症は、精密検査を行っても、原因がみあたらないので『心の病気』ということにまとめてしまいます。
また薬は悪循環をとめるのには有効ですが、一時的に症状を抑えるだけの対処療法であって根本治療ではありません。
原因を探し治療するのが本当の薬なのです。
つまり自律神経失調症の根本原因を見つける事ができれば、的確な治療ができ克服することができるんです。

自律神経失調症の7つの原因

まず自律神経失調症になる原因は、次の7つに絞られます。

  • 精神的ストレスからくるもの
  • パソコンや日常生活の姿勢からくるもの
  • ムチウチなど外傷からくるもの
  • 顎関節のユガミからくるもの(顎関節症を含む)
  • 喘息や鼻炎からくるもの
  • 呼吸からくるもの
  • 眼精疲労からくるもの

これらの原因により、自律神経失調症が症状が出てきやすくなります。
しかしこれらも誘因であって根本原因ではないんです。
では、一体、本当の原因とは何でしょうか?

自律神経失調症の本当の原因

ここまで自律神経失調症の誘因や、治らない理由を説明してきました。
では自律神経失調症の根本原因は何かというと…
筋肉、骨、内臓、神経血管など身体全身を一枚で包んでいる膜(硬膜、筋膜、骨膜、胸膜、腹膜)が様々な原因によって歪んだり硬くなることで起こります。
例えば全身タイツを来ている状態をイメージしてください。
そこでどこか一か所引っ張ったりひねったりすると体が窮屈になるのが分かると思います。
この窮屈な状態で今まで説明してきた誘因が重なり、さらに使い続けることで自律神経に負担がかかり不調が起こるんですね。
つまり自律神経の乱れによる症状といって、その原因が自律神経にあるというわけではないんですね。
ある時は甘い物の食べ過ぎで十二指腸がが硬くなり膜が引っ張られて自律神経に負担がかかったり、むち打ちの影響で頭蓋骨が歪みそこからの影響で不調がでることも、精神的なストレスがかかり動脈が硬くなり自律神経が乱れることも当然あります。

自律神経は交換神経と副交感神経の2つがあります。
健康を支えているのは、この交感神経と副交感神経がバランスよく働いてくれているからです。
例えば上で記載した誘因により首の筋肉の緊張が起きると、交感神経が刺激されるため、副交感神経の働きが低下し、自律神経のバランスが崩れます。
それによって、自律神経失調症になる。
また、脳への血流も悪くなるため、脳内神経伝達の働きが低下し、うつ病になる。
首の筋肉の過緊張によって交感神経が過剰に興奮し欝病や自律神経失調症などの病気になると医学的にも実証されているだけでなく、今までの治療経験でも首を悪くしている根本原因を改善すれば自律神経失調症や欝病は克服できているかたは、当院でもたくさんおられます。
こういった理由から藤岡治療院では自律神経失調症の原因を自律神経や首だけに限定しません!
自律神経が働くためには中枢である脳、自律神経が働くための栄養を吸収したりホルモンを出す内臓、それらを運ぶ血管も元気に働かないといけません。
自律神経をバランス良く改善しようとおもえば、それだけ体全体的(脳、神経、血管、内臓、筋肉、骨)さらに現代では電磁波の影響、PM2.5や黄砂、過去のトラウマやストレスによっても自律神経失調症の原因となっています。
ですが鍼やマッサージでは骨の歪み、整体では内臓や経絡(気の流れ)など治す事が困難です。、
そこで、それぞれの治療法の良い部分を組み合わせることで、藤岡治療院ではこれらの問題を解決することに成功しました。

辿り着いた改善率93%!治療の進化を探求し続けます。

当院で行う独自のFSTS鍼整体法は特別な治療法です。
痛めたところではなく、離れた箇所を治療することも多くあります。
それは根本原因が別の部分にあるからです。
当院に来院される60%の方が病院や鍼灸、整体での治療で解決しなかった方です。
体の不調を起こす原因は様々で治療法によってはアプローチできないものがあります。

そこで、それぞれの治療法の弱点をなくすために、整体とカイロプラクティックの大元であるオステオパシー医学と鍼やマッサージの東洋医学の長所を組み合わせます。

さらに『気』を送り込むエネルギー療法を加えることで体が正常化する時間をより短縮できるようになりました。

» FSTS鍼整体法の詳細

自律神経失調症の原因を検査していくと、ストレスはもちろんですが、多くは肝臓、動脈などの内臓が関係したり血管や骨の膜が捻じれることで悪化していたりします。
なのでFSTS鍼整体法による自律神経失調症治療は、不調を出している根本原因になっている内臓、ストレス、血管、そして自律神経や脳のバランスを調整して、なかなか治らない神経のアンバランスによる不調を良くすることが出来ています。

記事執筆:藤岡 猛(藤岡治療院院長)
マッサージ・指圧・鍼・あんまの国家免許取得後、大型店で13年修行。さらに多角的にアプローチするため、独立してオステオパシー・カイロプラクティック・ストレッチなど多くの技術を習得。

自律神経失調症-関連記事一覧

自律神経の整え方(完全版)
自律神経失調症治し方は一言で言えば自律神経の乱れているのを正常に整えるという事です。では、そのために自分でできる自律神経の整え方は何かという事になりますよね。ここのページでは、自律神経失調症を治すため...
自律神経チェックリスト
自分が自律神経失調症か調べたいという人は下記の項目をいくつ当てはまるかチェックしてみてください。あくまでも参考ですので、心配な方は病院へいってみてください。ただ薬などでは根本解決にはなりません。本当の...
自律神経の整え方~鍼整体師が教える完全版
自分でできる自律神経を整える方法自分でできる自律神経を整える方法1 生活習慣を変える自律神経失調症を誘発させる首こり病や下向き病ともいわれる頸性神経筋症候群を予防するには原因である首方がこる長時間の携...
自律神経(交感神経・副交感神経)の働き
自律神経(交感神経と副交感神経) 自律神経は交感神経と副交感神経があり、お互いが一日中バランスをとりあって、体の働きを調整しています。自律神経の働きは、考えずにしている呼吸、汗をかく、体温の調節、消化...