欝病(うつ)・自律神経失調症・頸性神経筋症候群(首コリ病)をあまり知られていない本当の原因から改善

クチコミサイトエキテンロゴ

お問い合わせフォーム

TEL 06-7501-6896

TEL 06-7501-6896

大阪府豊中市上野西1-13-6-6

営業時間 9:00~22:00 (受付 AM8:30~21:00)

※営業電話は患者さんの迷惑になりますのでご遠慮ください。

治療中は留守番電話に転送されます。その際はご用件をメッセージにお残しください。治療が終了次第、折り返しご連絡差し上げます。

予約の電話をする

自律神経失調症の本当の治し方

自律神経失調症とは、頭痛、腹痛、腰痛などの痛みや全身倦怠感などのだるさ、イライラしたり、なんか無気力、憂うつ、怒りっぽくなりやすくなったり、 胃痛、食欲不振、吐き気、下痢、めまいが起きるなど、様々な症状が起きるの症状が特徴です。
自律神経失調症は、人間関係に厳しい中高年の大人や教師激務の医師、看護士、に多いように思われますが、今では勉強やスポーツの頑張りすぎで小学生、中学生、高校生と子供にも多く起立性調節障害として診断されることもあります。
そして自律神経が乱れる原因も様々なので症状の根本原因をみつけて治療するのは難しく要因へ行っても自律神経失調症は良くならないことが多い症状です。
あなたも自律神経の乱れが治らなくて、このページにたどり着かれたのかもしれませんね
大丈夫ですよ
自律神経失調症は、当院でも多い症状で、正しく治療をすれば早期に改善する症状です。
下の動画は当院で自律神経の乱れを治療し更年期障害の症状のホットフラッシュが改善された患者さんの乾燥です。


※個人の感想であり、施術効果には個人差があります。
この動画の患者さんのように藤岡鍼・整体・マッサージ治療院では、自律神経の不調に特化したFSTS鍼整体法を使い根本原因から症状を改善していき、あなたのように自律神経失調症で悩まれている方を日常生活はもちろん、仕事やスポーツを思い通りにできるようになっていただいています。
もし、あなたの自律神経失調症の症状が色んな治療をしているのに改善していないとしたら、原因に対しての対処が間違っている可能性があります。
ここでは自律神経が乱れる自律神経失調症の正しい根本原因と治療方法、あなたにもできるストレッチやツボのセルフケア方法、再発予防など足の裏が痛い状態を解消する方法のすべてを順番に説明していきます。

自律神経失調症とは

自律神経失調症とは、日本心身医学会では自律神経失調症の様々な症状があり、そして病院での検査では体に特に問題がなく、はっきりとした精神障害のないものととりあえず定義されているようです。
とりあえずというのは自律神経失調症という名前は医学的には存在しないんですね。
今では症状があるのに原因が見つからないと自律神経失調症と使うところが多いようです。

自律神経失調症のメカニズム

まず自律神経失調症を理解するために、自律神経のことを簡単に説明します。
自律神経とは、あなたの意思とは関係なく働いてくれている血管、リンパ腺、内臓に、 呼吸をしたりホルモンをだしたり血液を流したりと生きていくために必要な働きを するための脳の命令を届ける神経の事です。

その自律神経の中に交感神経と副交感神経というお互いにいお互いの働きの反対をする2種類の神経があります。
交感神経は代謝、消化などの生命活動を活発にする働きをし、副交感神経は交感神経とは全く逆の働きをします。
12時間交代で2つの働きが後退すると言われているようですが、様々な原因で交感神経と副交感神経の優位入れ替わりのバランスが崩れ、自律神経失調症になります。

自律神経の司令塔は、脳の視床下部というところにあり、この場所は情緒、不安や怒り等の司令塔される辺縁系とお互いに連絡していて関係が深く、そのためこころの問題も関わってくることがあります。
つまり自律神経が不安定になると心にも影響がでてきて、、人間不信に陥ることもあります。
そして体の不具合を訴えても、精神的な症状はかくしたりしてしまいます。
そのため仮病と周りの人に思われ、四面楚歌になり、うつ病になる可能性も出てくるので注意が必要です。

自分でできる自律神経失調症チェック方法

自分が自律神経失調症か調べたいという人は下記の項目を参考にしてみてください。

自律神経失調症チェックリスト

1. 頭が痛い、頭が重い
2. 首が痛い、首がこる
3. 肩が張る、肩がこる
4. かぜをひきやすい
5. めまいやふらつきがある
6. 振り向いたときや歩行中に不安定感がある
7. 吐き気がある
8. 夜、寝つきが悪い。途中で目覚める
9. 血圧が不安定
10. 温かい場所に長時間いられない
11. 異常に汗をかく
12. 静かにしていても心臓がドキドキする。動悸がする
13. 目が見えにくい、ぼやける
14. 目が疲れる、目を開けていられない
15. まぶしい、目の奥が痛い
16. 目が乾燥する、涙が出やすい
17. 唾液が出やすい、出過ぎる
18. 微熱が出る
19. 胃腸の調子が悪い、腹部膨満感がある
20. だるくて横になりたくなる
21. 疲れやすい、全身に倦怠感がある
22. やる気が出ない
23. 天気が悪い日やその前日は症状が強い
24. 気分が落ち込む
25. 集中力が出ない
26. 不安感
27. イライラする
28. 根気が出ず仕事に影響が出る
29. のぼせ、手足の冷え、しびれ
30. 胸の痛み、圧迫感、しびれ
※該当する項目が5つ以上あれば自律神経失調症の化膿性があります。

シャロンテスト

自律神経の状態を知るために行うテストです。
シェロン・テストは、立っている時と寝ている時の血圧の差を計測します。
方法は、3分間寝た状態で安静にし血圧の測定を行います。
次に、立ち上がった直後と、それから3分間後に血圧を測ります。
この時の血圧の差が最高血圧(収縮期血圧)が30mmHg以上、あるいは最低血圧(拡張期血圧)が10mmHgある場合を自律神経失調症を疑います。 とくに、めまいが強くあらわれているような場合には自律神経失調症によるめまいと考えることができます。
しかしこの時に脈拍が安静に寝ていた時より早くなっているようなときには、自律神経反射が起こっているため自律神経失調症とは確定できません。

自律神経失調症の症状

(1)自律神経失調症の身体的症状
頭痛、肩こり、吐き気、しびれ、めまい、冷や汗が出る、体の一部が震える、緊張するようなところではないのに脈が速くなる、血圧が激しく上下する、立ち眩みする、耳鳴りがする、微熱、過呼吸、生理不順
(2)自律神経失調症の精神的症状
人間不信、情緒不安定(情緒障害)、不安感やイライラ、躁鬱、パニックになる、怒りっぽい、恐怖感がある・

自律神経失調症の一般的な原因

自律神経失調症は、病院などではうつ病やパニック障害、過敏性腸症候群や身体表現性障害などが原因の病気とされることが多いみたいで、原因の病気が特定できない場合でもストレスが誘因になっている可能性が高いため、適応障害と診断されることもあるそうです。
※適応障害とは、ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れる事をいいます。

今説明した原因だと病気が自律神経失調症の原因とされていますが、じゃあ病気の原因はなんやねんって話ですよね。
病院ではその原因は分からない事が多くストレスとすることが多いんですね。
病院にいってもカウンセリングを受けても改善しないのであれば、今見ている原因は本当の原因ではないといえますよね。
なので、薬をもらってもカウンセリングを受けても自律神経失調症を改善できないでいるんです。
自律神経失調症は何かの原因で発祥しているわけですから、多くの欝病は脳の病気でも心の病気でもない。
それらは結果であって、原因とは言えないでしょう。
病院では、自律神経失調症は、精密検査を行っても、原因がみあたらないので『心の病気』ということにまとめてしまいます。
また薬は悪循環をとめるのには有効ですが、一時的に症状を抑えるだけの対処療法であって根本治療ではありません。
原因を探し治療するのが本当の薬なのです。
つまり自律神経失調症の根本原因を見つける事ができれば、的確な治療ができ克服することができるんです。

自律神経失調症の7つの原因

まず自律神経失調症になる原因は、次の7つに絞られます。

  • 精神的ストレスからくるもの
  • パソコンや日常生活の姿勢からくるもの
  • ムチウチなど外傷からくるもの
  • 顎関節のユガミからくるもの(顎関節症を含む)
  • 喘息や鼻炎からくるもの
  • 呼吸からくるもの
  • 眼精疲労からくるもの

これらの原因により、自律神経失調症が症状が出てきやすくなります。
しかしこれらも誘因であって根本原因ではないんです。

では、一体、本当の原因とは何でしょうか?

自律神経失調症の本当の原因

ここまで自律神経失調症の誘因や、治らない理由を説明してきました。
では自律神経失調症の根本原因は何かというと…
筋肉、骨、内臓、神経血管など身体全身を一枚で包んでいる膜(硬膜、筋膜、骨膜、胸膜、腹膜)が様々な原因によって歪んだり硬くなることで起こります。
例えば全身タイツを来ている状態をイメージしてください。
そこでどこか一か所引っ張ったり捩じったりすると体が窮屈になるのが分かると思います。
この窮屈な状態で今まで説明してきた誘因が重なり、さらに使い続けることで自律神経に負担がかかり不調が起こるんですね。
詳しい根本原因については痛み・歪み、痺れ、冷えの本当の根本原因とはをご覧ください。
つまり自律神経の乱れによる症状といって、その原因が自律神経にあるというわけではないんですね。
ある時は、甘い物の食べ過ぎで十二指腸がが硬くなり膜が引っ張られて自律神経に負担がかかったり、むち打ちの影響で頭蓋骨が歪みそこからの影響で不調がでることも、精神的なストレスがかかり動脈が硬くなり自律神経が乱れることも当然あります。

自律神経は交換神経と副交感神経の2つがあるとお伝えしました。
健康を支えているのは、この交感神経と副交感神経がバランスよく働いてくれているからです。
例えば上で記載した誘因により首の筋肉の緊張が起きると、交感神経が刺激されるため、副交感神経の働きが低下し、自律神経のバランスが崩れます。
それによって、自律神経失調症になる。
また、脳への血流も悪くなるため、脳内神経伝達の働きが低下し、うつ病になる。
首の筋肉の過緊張によって交感神経が過剰に興奮し欝病や自律神経失調症などの病気になると医学的にも実証されているだけでなく、今までの治療経験でも首を悪くしている根本原因を改善すれば自律神経失調症や欝病は克服できているかたは、当院でもたくさんおられます。

こういった理由から藤岡治療院では自律神経失調症の原因を自律神経や首だけに限定しません!
自律神経が働くためには中枢である脳、自律神経が働くための栄養を吸収したりホルモンを出す内臓、それらを運ぶ血管も元気に働かないといけません。
自律神経をバランス良く改善しようとおもえば、それだけ体全体的(脳、神経、血管、内臓、筋肉、骨)に検査し治療できないといけないことが分かってもらえると思います。
腕の良いオステオパシー整体院や脈診による評価のできる鍼灸院なら、これら根本原因から治療していき快適な生活を取り戻せます!
どこか良い治療院をお探しでしたらお近くで知っている所があれば紹介いたしますので、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。
大阪なら藤岡治療院へ来てくださいね(宣伝(笑))

自分でできる自律神経を整える方法

自分でできる自律神経を整える方法1 生活習慣を変える

自律神経失調症を誘発させる首こり病や下向き病ともいわれる頸性神経筋症候群を予防するには原因である首方がこる長時間の携帯やスマートホン、パソコンの画面を見るという普段からの週刊を変えることで予防できます。

(1)スマートホンを触る機会が多い方は、スマホの持ち位置を意識的に高くするように心がけてください。
(2)仕事でパソコンを長時間使わなくてはいけない方は、ディスプレイの高さが、視線が水平から上に5度と水平から下に15度の範囲におさまっている状態で、デスクの高さは、肘が90度になる高さにしておく事で首への負担を軽減できます。
また15分に一度首を休めてください。
(3)冷えは首肩の血流を悪くするので冷房が効きすぎている場所や冬場の寒いところではストールで首を守ってあげてください。

予防していても首や肩凝りになってしまったときは下記の体操を試してみてください。

自分でできる自律神経を整える方法2 体操&ストレッチ

あなたの病院で治らない自律神経の不調(自律神経失調症、起立性調節障害、うつ病、頸性神経筋症候群)などを改緩和、改善、解消できる呼吸法、ストレッチ体操です。
是非試してみてください。

腹式呼吸により血流を改善し体を温める方法動画

腹式呼吸は自律神経をリラックスさせる効果があります。
気持を落ち着かせたい時や身体をあたためる効果もあるのでぜひ行ってください。

肩こり解消体操&ストレッチ動画

首コリや肩凝りは自律神経が乱れる原因になることもあります。
このストレッチと体操、下記の骨盤矯正ストレッチをして首肩こりを解消し身体のバランスを整えて自律神経の不調から解消されましょう!

肩凝り解消ストレッチと一緒にすると効果倍増の骨盤矯正ストレッチのやり方動画

自分でできる自律神経を整える方法3 4つのストレスへの対策

ストレスが自律神経失調症になる原因だと理解している方は多いと思います。
仕事が忙しい。
家事、育児で自分の時間が全然ない。
旦那が…嫁が…上司が…ご近所さんが…
これら精神的ストレスにより自律神経のバランスを乱すことで、 自律神経失調症になると思われている方が大半でしょう。
しかしストレスは精神的なストレスだけではなく分類すると4つにわかれます。
体と心がストレスと感じるのは精神的なものだけではないということです。
ですので精神的なものだけだと残り3つが対処できず対策が不十分になってしまいます。

4つのストレスとは?

(1)精神的ストレス
あなたが嫌に思うこと全般です。
人間関係はもちろんですが、虫が嫌い、満員電車がしんどい、朝の段取りがうまくいかない…などなどです。

(2)構造的ストレス
骨盤や背骨などの体の歪みや仕事や運動での不良な姿勢などによる体に対してかかってくるストレスです。

(3)科学的ストレス
最近よくとんでくるPM2.5や黄砂に含まれる排気ガスの化学物質、かたよった食事などによる栄養素の過不足、糖分の取りすぎやたばこ、排気ガスなどが科学的ストレスとして、脳や神経にストレスを 与えます。
例えば、コーヒーなどに入っているカフェイン。
脳を興奮させ、緊張状態にし睡眠障害がおきたり、イライラしやすくなったりします。

(4)温度・湿度のストレス
温度や湿度の高低で脳はストレスを受けます。
じめじめして暑すぎたり乾燥してせき込んだりすることでも体はストレスを感じます。

この4つのストレスに対して、対策をすることで自律神経失調症の改善が見られます。

ストレスチェック

自分の問題点をチェックしてみましょう。
複数出ると思いますが、分類してチェックする事が改善へのスタートに なります。
何を改善すれば良いのかが分かれば対策も 立てやすくなりますね。

①精神的ストレス
(人間関係など、心がつらいと感じる時)
②構造的ストレス
(姿勢が悪い、長時間のデスクワーク、体の歪み)
③科学的ストレス
(食事での栄養の過不足、タバコ、排気ガス)
④温度・湿度のストレス
(暑すぎる、寒すぎる 湿度が高い、低い)
このように原因を整理するだけで、ストレスによる自律神経失調症の対処方法が分かってきます。

治療をうけてもらう前にお伝えしたい事

私自身も自律神経失調症で苦しんだ経験があります。
上記30項目のチェックでは19個該当しました(汗)今は該当0個です。
この症状の辛さが誰よりもわかるからこそ、あなたに治って欲しいのです。
誰のためでもなくあなたのために良くなってほしいのです。
最初は難しいとはおもいますが身体の状態が良くなれば自然とプラス思考になります
困ったときは誰かの力を借りるのは必要なことです。 
 そんな助けてほしい時に救ってくれる『あなたのヒーロー』でありたい。 
 そう思っています。 
 最近は治療家は患者さんの病を治すということの先に悩みを解決し笑顔を取り戻す役目なんだなと。 
 『ありがとう』という患者さんの笑顔が返ってくる・・・本当に治療家になって良かったと思う時です。  
 そんな笑顔がたくさん増えるようにこれからも頑張っていきます。 
 助けが必要な時は『あなたのヒーロー藤岡治療院』を頼ってみてください! 

藤岡治療院の自律神経失調症の治療例

●35歳 男性 事務
【自律神経失調症の症状】
起きると、ふらつき、めまいがあり仕事にいけない
【自律神経失調症の治療】
東洋医学の検査である脈診で体の状態をみると肝虚証で三焦と胃が実施ていました。
オステオパシーの検査では、全体的に体が右に傾いていて、背骨が左右に曲がっていて猫背の状態でした。
治療内容としては、まず鍼による東洋医学的なアプローチで肝虚証という乱れた経絡(ツボの流れ)を整えるため
太衝、曲泉、太谿、、陰谷に置鍼し、腹部墓穴に単刺、実施ている経絡kを落ち着かせるため足三里上巨虚、下巨虚、陽池、外関、支溝にしゃ法を行った。
そして、背部輸血に単刺でホ法し脈をととのえたのち、オステオパシーの傾聴という検査法で体の状態をみると、右の肺動脈、肝静脈、PM0.1の影響があったので、それらを治療。
治療終了後は目がはっきりし、体も温まっていたので、本人もビックリされていました。
週1回を4回目でほぼ改善2か月目で2週間に一度でも、体のだるさやめまいの症状はでなくなり、今では月1会メンテナンスにこられていますが、たまに肩がこるくらいで問題なく過ごされています。

●21歳 女性 大学生
【自律神経失調症の症状】
阿佐が起きるのが辛い、頭痛が治まらない、勉強に集中できない、すぐにイライラする
【自律神経失調症の治療】
オステオパシー整体の傾聴と骨指標で検査していくと、過去のトラウマが12歳の時にあり、アレルギーの影響、肝臓、尾骨のねじれ、頭蓋骨のゆがみ、右足首の捻挫、左脳下垂体動脈の歪みや硬さにより自律神経の乱れが出ていたようでした。
これらの原因お1つずつ整体し硬さと歪みをとると、体がリラックスし治療中に寝ておられました。
治療終了後体に羽がはえたように軽いと喜ばれ笑顔でおかえりになりました◎
1回目の治療では少し頭痛がのこっていたようでしたが、朝も起きれるようになり、イライラすることも減ったようでした。
3回目で頭痛もなくなり、今は月1回メンテナンスにこられ、勉強に頑張っておられます。

治療を受けて頂いてのお喜びの声

藤岡治療院のFSTS鍼整体法のお喜びの感想をいただきました。
あなたも痛みやだるさから解放された皆さんのようになれます!

評判の整骨院でも改善できなかった歩くと痛む股関節と膝。楽に歩けるまで回復 して喜んでもらえました◎

※個人の感想であり、施術効果には個人差があります。

●転倒し首を痛め回らないむち打ち症状の頸椎捻挫治療で来院。意外な部分が原因 で一度でむち打ちが良くなりました。

※個人の感想であり、施術効果には個人差があります。

●コンクール前に膝を痛めた中学生バレリーナ、膝痛の意外な根本原因を治療した ことで痛みはほぼ改善しました!

※個人の感想であり、施術効果には個人差があります。

つらい頭痛が意外な原因で改善!美容効果も♪

※個人の感想であり、施術効果には個人差があります。

藤岡治療院の特徴

特徴1 あなたの不調の原因に合ったオンリーワン治療
頭痛や腰痛などの痛み、不妊症や更年期障害などの婦人科疾患、肩痛や膝痛などの関 節痛、自律神経失調症などの精神的な症状…
同じ症状名でも人それぞれ原因が違います。
藤岡治療院ではそれら症状の根本原因を
オールハンドの検査法で、あなたの体に直接 問いかけ、あなたの体が教えてくれた根本原因を悪い所から順番に治療していきます 。
これにより、症状を出している悪い部分がなくなっていき、あなたの体が元気になろ うとする生命力を高めて、お悩みの症状から卒業できます。
特徴2 あなたに合った治療法で改善
私は鍼が怖い…カイロプラクティックや整体は合わなかった…マッサージはくすぐっ たい…など人によって治療法が合わないものがあります。
藤岡治療院のオリジナルFSTS鍼整体法なら『整体』+『鍼』+『マッサージ』を合わ せた治療法なので、あなたに合った治療法で施術できます。
特徴3 根本改善でお悩みから卒業できる
あなたのように様々な病院や整骨院で改善されなかった症状の方が多く来院され、お 悩みから卒業されています!
特徴4 健康と美容が両方受けることが出来る
痛みやユガミなどの様々な症状の治療だけでなく痩身、フェイシャルエステ、リンパ マッサージなど美容メニューも充実
美しさは健康があってこそです。
特徴5 雑誌にも掲載され、多くの口コミをいただいています。
様々な雑誌から取材を受け(申し訳ありませんが忙しく今は取材を受けていません) 掲載いただいています。
またお喜びの声もたくさんいただいています。
何年やっていても『ありがとう』と喜んで行ってもらえるのはうれしいものです!
220件の口こみをご覧になりたい方は口コミページをご覧ください。
特徴6 他院では難しいとされる症状の改善に強い
症状改善が難しいとされるアトピー、更年期障害、不妊症、生理痛、側弯症、自律神 経失調症、坐骨神経痛、頭痛、腰痛などの改善を得意としています。
特徴7  実費治療になり保険は聞きません。
当院は一人一人にしっかり時間をかけて本気で治療するため保険が使えません。
詳しいことはメニュー・料金をご覧ください。
特徴8 1日10名限定の完全予約制
一人一人に時間をかけるため1日10名までしかお受けできません。
また今まで藤岡治療院を愛用してくれている方を優先しているため、新規の方は一日2名までしかお受けできません。

あなたの4つのメリット

藤岡治療院ではあなたに4つのメリットをお約束します

メリット1 体のバランスを整える
骨や内臓などのバランスを整えるのでコリが解消されます。
またバランスが整う事で体への負担が少なくなり疲れにくい体になります。

メリット2 自律神経が安定する

このようにあなたも自律神経が正常に機能する快適な生活を楽しんでもらえます。
ただ、当院を受診して頂くにあたり簡単な条件があります。
あなたが1~2回で終わるような『その場しのぎの施術』やマッサージなどで時間をかけてリラックスをお望みなら、当院の治療はご遠慮ください。
もちろん1~2回でも効果はあります。
私は本当に身体を根本的に改善したいという人を治してあげたいと、思っています。
それには最低限定期的に通っていただかなくてはいけません。 そしてマッサージも肩甲骨をはがしていく治療する手段としてする場合はありますが、リラックス目的で長時間することはありません。b
この事を知っていただきたいのは、私の考える理念とあなたが考える施術の価値観が一致していない場合は、あなたの時間とお金を無駄にしてしまいます。
もしあなたが効果よりも、保険を使って費用をおさえた施術がお望みなら、病院に行き、痛み止めの薬や湿布などをもらった方があなたの希望を叶える可能性が高いでしょう。
またリラックスするのが目的であれば、当院ではメディカルリンパマッサージをおすすめいしています。
メディカルリンパマッサージの詳細
ここまで話を聞いてくださり、私の考え方、鍼や整体方法、健康に対する価値を正しく理解したうえで
『私は自律神経を根本から治したい』
そんな気持ちをお持ちでしたら当院にお越しください。

『私は自律神経を根本から治したい』
そんな気持ちをお持ちでしたら当院にお越しください。

自律神経失調症鍼整体治療費は?

次にあなたの気になる点は治療費だと思います。
初回は初診料2,000円を併せて1枠でしたら7,000円(10~20分)、2枠なら12,000円、、2回目以降は1枠(10~20分)5,000円、早く治したい方や回数が通いにくい方は2枠(30~50分)10,000円がおすすめです。
詳しくはメニュー・料金をご覧ください。
最近では初回2980円などといって安く設定し呼び込んでから予約を確実にしてもらうという商法が多いようですが、私は自分の技術に価格以上の効果の地震をもっています。
そして自分の仕事に誇りを持っています。
安い治療をお望みの方は当院はおすすめできませんが、根本から本当に治したい方には体のバランス改善を得意としている藤岡治療院をぜひ頼っていただきたいです。
私は治療家として、あなたの体を悪いままにはしておいてほしくありません。
あなたの体の状態を今のままにしておくと、体はどんどん悪化し痛みが酷くなり改善がより難しくなります。
そうすると、今まで悪くなかった場所まで悪くなり、いろんな症状が出てきてしまうでしょう。
あなたの乱れた自律神経を治せるのは藤岡治療院です。
私は自律神経失調症のあなたを全力で治して見せます!
ご予約のメール・お電話お待ちしています。

新規の方は、予約が込んでいるため一日1名様だけにさせていただいています。
予約枠には限りがありますのでお早めにご連絡ください
また当日は予約が取れないことが多いので、1週間前にご予約されることをおすすめします。
お電話をいただいた際、治療中は留守番電話に転送されます。
その際、お名前、ご連絡先の携帯番号、ご希望の曜日と時間を登録しておいてください
手がすき次第折り返し携帯よりお電話いたします。
また営業時間外でもお問い合わせふぉおーむからご予約できます。
その際はご希望の曜日と時間を第3希望までお書きいただき送信してください。
お問い合わせフォーム

藤岡治療院はアクセスが便利です。

藤岡治療院は電車とバスなどのアクセスモよくゆがみや痛みで悩まれる方は、兵庫(尼崎、伊丹、神戸、宝塚)、京都、大阪市など遠方からも多くご来院いただいています。 豊中駅、千里中央駅、少路駅、桃山台駅からバスで7~15分。
阪急バス豊中高校前から徒歩30秒
車の方は、当院の玄関前に2つ駐車場があります。
お気をつけてお越しください。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

当院の評判は雑誌・メディアにも取り上げられています!

皆様の応援のおかげで口コミ・おすすめランキング豊中で常に上位を保つことができています! これからも期待にこたえられるように頑張っていきます!! また気に入っていただけましたら口コミやオススメの書き込み応援お願いします。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせフォーム

整体治療中は留守電に転送されますので、お電話でご予約の方はお名前・携帯番号・ご希望の予約の曜日と時間をご登録ください。手が空き次第こちらから携帯電話よりご連絡させていただきます。

豊中・箕面・吹田・池田市で整体・鍼・マッサージのご予約はお気軽に!

アクセス

適応症状について

最新の投稿