ゴルフ肩(スイングショルダー)の症状と原因による対策予防対処と治療

クチコミサイトエキテンロゴ

お問い合わせフォーム

TEL 06-7501-6896

TEL 06-7501-6896

大阪府豊中市上野西1-13-6-6

営業時間 9:00~22:00 (受付 AM8:30~21:00)

※営業電話は患者さんの迷惑になりますのでご遠慮ください。

治療中は留守番電話に転送されます。その際はご用件をメッセージにお残しください。治療が終了次第、折り返しご連絡差し上げます。

電話する

スイングショルダー(ゴルフ肩)に有効な治療はこれ!

最近、ゴルフ肩(スイングショルダー)といってゴルフのプレー後に左の肩甲骨内側の痛みや、肩の痛み、腕の痛みやだるさを感じるゴルファーが急増しています。
 こうしたゴルファーは共通して、右に首を倒し、左肩は内側に巻き込み、左肩が下がって体が歪んでいます。
加えて、プレー後にストレッチなどをすると痛みやだるさが一時的に緩和されることもありますが、当日の夜や翌日に痛みやだるさが増します。
 ※これは右打ちのゴルファーの特性で左打ちのゴルファーは左右が逆になります。
※痛い部分をストレッチすると悪化する場合があるので注意してください。
また、肩が痛くて上げられないという症状は、四十肩や五十肩と似ていますが、四十肩などの場合は、外旋方向への可動域の低下が見られますが、ゴルフ肩はこのような外旋方向への可動域の低下は見られません。
下記は誘因であって根本原因でないです。、
根本原因についてはあなたは知っていましたか?プロもあまり知らない痛み・凝り・歪み・しびれ・冷えなどを起こす体を悪くする根本的な原因はこれだったをごらんください。

【原因】 原因は「身体の軸」の崩れにあります。
緊張した筋肉と弛緩した筋肉のバランスや関節のアンバランス。
これらにより軸は崩れ、構造や運動のバランスも崩れ、無理な状態でのスイングになり体を痛めることになります。
以下詳しく説明していきます。

当院のゴルフ肩(スイングショルダー)の治療例

(1)55歳 自営業 男性
【主訴】
左肩動作時痛、腰痛肘通(ゴルフ肘)
【治療】
骨指標でバランスをみていくと上半身は左さがりで左肩甲上腕関節と肘関節の間で圧縮があり、全体的に筋肉はカチカチになっており、傾聴で膜のプライマリー病変(一番悪いところ)を調べると頭蓋に反応があり腹部を傾聴すると脾臓と盲腸に反応があった。
治療として、当該反射の化学物質、解毒、重金属の反射点と物質反射店を治療し脾臓、盲腸、肝臓周りの硬さをとり、左肘の撓尺関節、腕撓関節のねじれを矯正し、鼻骨の捻じれと第4仙椎の捻じれを調整し、胸郭上口のシブソン筋膜をゆるめ、第1胸椎、第1頚椎の圧縮をとり甲状腺の動きが悪かったので動きをだし首片腕周りを筋膜リリースし終了
治療後、腕を動かすのに違和感があったがほぼ改善され、肘のつっぱりもなくなり、体も回るようになっていました。
5回続けての治療で痛みはなくなりゴルフをしていても飛距離も伸びて痛みもなく快適にプレイされています。
現在も2週間に一度メンテナンスに来られています。

(2)53歳 女性 主婦
【主訴】
左肩の痛み、股関節痛、腰痛、更年期障害(ホットフラッシュ)
【治療】
バランスをみていくと上半身左下がりになっており右股関節と膝の間でひっぱられている感じがあり、傾聴すると昔した子宮筋腫の手術跡にかなり反応がありました。
治療として腹部の手術跡をゆるめ(この段階で体がかなりやわらかくなった)右膝の近医脛腓関節、膝関節、半月板の歪みを矯正し右仙腸関節の短子の硬さをゆるめ第3腰椎、左の胸鎖関節、左第2肋骨と胸骨の関節左肩甲上腕関節を歪みを矯正し、大胸筋、斜角筋、上腕二頭筋、小胸筋、臀筋軍など全体的に筋膜リリースしゆるめ治療は終了
治療後肩の痛みは7割へり股関節は大丈夫になり体も動かしやすくなり手術跡をゆるめたとき体が温かくなるのを感じたそうです。
週1回を5回こられ今は3週間に一度こられていますが、3回目の時更年期障害のホットフラッシュ症状がなくなって喜んでおられました。

ゴルフ肩(スイングショルダー)はこうしてなる!

ゴルフのスイングでは、テークバックをする際に、左の肩甲骨や肩の後ろについている筋肉の棘下筋、菱形筋、広背筋、大円筋などが引っ張られます。
また前側の筋肉の大胸筋、小胸筋、前鋸筋、肩甲下筋は後ろとは逆に収縮します
この時に、体をもっと回そうとしたり、トップを高くしようという意識が強いと腕で動かそうとしたり、肩を内に巻き込んだりするので、上記の筋肉をより収縮し過緊張させ後ろ側の筋肉は余計に伸ばされます。
この事で前後の筋肉のバランスが悪くなることで関節の安定が悪くなり、不安定な関節は力をうまく発揮できなくなります。
また切り返しから振り下ろすときに、肩の前の筋肉がさらに縮み、後ろの筋肉はさらに伸ばされるという強い負担がかかり筋肉のバランスと関節の安定がより悪くなってしまいます。
加えて頭を固定してスイングするので、上半身に対して首のねじれは強くなり首への負担も相当のものです。
上記の負荷の連続が首肩周りや腕の筋肉に負担をかけ故障し痛みを起こすのがゴルフ肩(スイングショルダー)です。
そして治療せず放置し続けゴルフ肩(スイングショルダー)の状態で関節や筋肉に負担をかけ続けると軟骨や骨などの関節自体を痛めたり変形させることになります。

ゴルフ肩(スイングショルダー)を悪化させる要因

上記にもありますが、振りかぶった時は股関節、腰、背中に加えさらに上半身に対して相対的に首を使って身体を捻ります。
普通はねじれますが体のどこかに骨の歪みや筋肉や筋膜、もっと言えば心臓をつつんでいる胸膜や肝臓を覆っている腹膜に硬さがあると、そこが引っかかり股関節の動きが悪い、首や腰を上手くねじれないなどにより振りかぶる動作を肩の動きでカバーする必要があります。
このような事で肩をより深く内側に巻き込む必要があり、肩甲骨の内側の筋肉は過度に伸ばされ痛めることになります。
それに伴い、それらの筋肉は筋膜で胸椎や肋骨に付着しているので、これらの関節に負担がかかり痛めることになるので 首、肩、腕、胸椎、、肋骨と多数問題が起こるのでゴルフ肩(スィングショルダー)の痛みはより悪化します。
普段から体が硬く姿勢が悪い人はより体を回そうと上半身を使ってしまうので危険性があがります!

ストレッチをすることでより悪化する事も?!

ストレッチをする場所を間違えるとゴルフ肩(スイングショルダー)を悪化させる事になってしまいます。
痛みがでている部分は筋肉が伸ばされて障害を起こしている状態なので、患部の筋肉を伸ばすような事は殆どが逆効果です。
なので縮んでいる胸筋を伸ばしましょう。
以下ゴルフ肩(スイングショルダー)予防ストレッチを参考にしてください。

スイングショルダー(ゴルフ肩)チェックリスト

以下1つでもあれば可能性はあります。
・プレー後に肩甲骨の内側に痛みを感じる
 ・プレー後に首周辺が重くなったり痛んだりする
 ・利き手と逆の肩が下がっている(右打ちなら左肩 左打ちなら右肩)※痛みの為でもある
 ・肩から腕にかけての痛みや痺れを感じる
 ・ゴルフ肘(ゴルファーズエルボー)や腱鞘炎の経験がある
 ・股関節が硬く腰が回転しない
 ・猫背や肩の可動域が狭く感じることがある

ゴルフ肩(スイングショルダー)の対処と予防方法

(1)手首の力を抜く
 手首・グリップの力みはスイングプレーンを小さくし、それを補う為に肩や首の筋肉のトラブルも増加します。
(2)トップの位置は左手で押し込まない
右打ちの場合 トップの位置を高くする為に左手で押し込むと、肩や首の筋肉への負担がおおきくなります。
(3)プレー前後には大胸筋を伸ばそう
スイングショルダーの場合、大胸筋は収縮し緊張しているケースが殆どなので、ここをストレッチします。
以下さんこうにしてください。

スイングショルダーの治し方ストレッチ

ゴルフ肩のストレッチは痛めている肩の手のひらを真後ろのベルトあたりの場所にあて肘を胸が気持ちよく突っ張るまで後にひいてください(写真は両方になっていますがごめんなさい)。
また腕だけ伸ばすより体のバランスを改善した方がよりスイングショルダーを改善し、さらにゴルフのパフォーマンスも向上させることができるので、是非動画の体操とストレッチも行ってみてください。
大胸筋ストレッチ1
大胸筋ストレッチ2
30秒2回行ってください。 気持ちの良い所でとめておいてください。

首肩の筋肉から腕までを伸ばすストレッチと体操動画

下半身が安定する骨盤矯正ストレッチのやり方動画

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

当院の評判は雑誌・メディアにも取り上げられています!

皆様の応援のおかげで口コミ・おすすめランキング豊中で常に上位を保つことができています! これからも期待にこたえられるように頑張っていきます!! また気に入っていただけましたら口コミやオススメの書き込み応援お願いします。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせフォーム

整体治療中は留守電に転送されますので、お電話でご予約の方はお名前・携帯番号・ご希望の予約の曜日と時間をご登録ください。手が空き次第こちらから携帯電話よりご連絡させていただきます。

豊中・箕面・吹田・池田市で整体・鍼・マッサージのご予約はお気軽に!

アクセス

適応症状について

最新の投稿