病院で治らない足の裏が痛い足底筋膜炎を本当の原因を知って治せる!

クチコミサイトエキテンロゴ

お問い合わせフォーム

TEL 06-7501-6896

TEL 06-7501-6896

大阪府豊中市上野西1-13-6-6

営業時間 9:00~22:00 (受付 AM8:30~21:00)

治療中は留守番電話に転送されます。その際はご用件をメッセージにお残しください。治療が終了次第、折り返しご連絡差し上げます。

電話する

足の裏が痛い本当の治し方

なんか足の裏が痛い…土踏まず、真ん中、踵、外側などの足の裏の場所が痛い…
足の裏に痛みが続くと病気かもしれないと心配になってきますよね。
激しい運動をしたわけでもない…特別変わったことをしたわけでもないのになんで?と思っている方は多く、あなたもそうではりませんか?
このような足の裏が痛い症状を専門的には足底筋膜炎(あしそこきんまくえん)あるいは足底腱膜炎(そくていけんまくえん)といいます。
ところが足裏が痛い原因も様々なので痛みの根本原因をみつけて治療するのは難しく要因へ行っても足底筋膜炎は良くならないことが多い症状です。
あなたも足の裏が痛いのが治らなくて、このページにたどり着かれたのかもしれませんね
大丈夫ですよ。
足裏が痛くなる足底筋膜炎は当院でも多く正しく治療をすれば早期に改善する症状です。
もし、あなたの足の裏が痛い症状が色んな治療をしているのに改善していないとしたら、原因に対しての対処が間違っている可能性があります。
ここでは足裏が痛い足底筋膜炎の正しい根本原因と治療方法、あなたにもできるストレッチやツボのセルフケア方法、再発予防など足の裏が痛い状態を解消する方法のすべてを順番に説明していきます。

足底筋膜炎(足底腱膜炎)とは

足底筋膜炎は立っている時間が長かったり、歩くことが多い中高年に多い症状と言われています。
しかし、実際は激しく運動をしている、急にウォーキングをやり始めた、営業などで歩き回ることが多い、、育児で抱っこが多い、飲食店、看護士、製造業のラインなどの立ち仕事が続など様々な人に、足の裏に痛みがでたりします。
また見た目には問題なさそうに見えたり、腫れた感じがするばあいもあります。

足底筋膜炎の痛みのメカニズム

足の裏には、足の指からかかとの骨などに様々な筋肉や腱が付着しています。 歩いたり走ったりしたとき筋肉は伸びたり縮んだりし、立ちっぱなしの時は足裏があなたの体重を柔軟に受け止めています。
これらが何らかの原因により硬くなると柔軟性がなくなり、伸びたり縮んだりできなくなるので引っ張られて負担がかかり、それにより炎症が起こったり神経が圧迫されて足の裏に痛みが出てきます。
そのため、硬くなっている筋肉を柔軟にしていくことで痛みを改善することができます。
じゃあ、足裏をマッサージやストレッチで柔らかくすればいいんだと思いがちで、医師や整体師などのプロでもそう思われている事が多いのですが、実際はそうではありません。
これから詳細に足の裏が痛くなる原因を説明していきますね。

足底筋膜炎の6つの症状

  • 朝起きて歩き始めが痛い
  • 足の裏を押すと痛い
  • 立ち続けていると痛くなる
  • 長時間歩き続けると痛みがひどくなる
  • 椅子から立ち上がって最初の歩き始めの1歩目が痛い
  • アキレス腱の周辺が痛むときがある

また症状がひどいと床に足が触れるだけで痛く、立ったり歩くのができなかったり、寝るとき布団に足がつけられなかったりします。
もし、この状態が改善していないなら、2つの理由があります。
それでは、足の裏が痛い足底筋膜炎のチェック方法や誘因から何故足底筋膜炎が治らないのか?、 そして根本原因、治療方法を説明していきますね。

足底腱膜炎を見極めるチェック方法

●指を反らすと足の裏が痛い
足底筋膜が一番伸びるのは足の指を反らすことです。
足の指を反らすことで、足裏全体にある足底筋膜は一方向へ引っ張られ負担がかかり足裏の痛みが再現できます。
●踵(かかと)を押すと足裏が痛い
足底筋膜炎が一番痛みを引き起こしやすい部分は踵に足底筋膜が付着する部分であると言われています。
そのためその場所へ直接圧刺激を加えることで痛みを誘発します。
もちろん足裏は指で押さえることで筋肉、筋膜などは伸ばされるためその刺激によって疼痛を感じるわけです。
●体重をかけると痛い
体重がかかると足底筋膜は伸ばされ、その刺激により痛みを感じます。
これは体重が足裏にのってくる所が、一番伸ばされるために 立った時の足の裏が痛いのは、かかとより少し中心側になります。
●安静にしていると痛みはない
寝ている時や椅子に座っていると痛みを感じない場合が多いです。
●歩く時と立っている時の足裏の痛みの場所の違い
立っている時の痛みと歩くときの足裏の痛みいの場所の違いは 足底筋膜への負担の違いになります。
歩いている時に足の裏が痛いのはほぼ踵部分にあり、 立っている時は少し踵(かかと)より中央側に足裏の痛みが出ます。

マラソンやテニス、サッカー、バスケなどスポーツをする人に、かかとあたりの足の裏が痛い状態になったりすることが多いです。

足底筋膜炎の誘因

1.使い過ぎ
これが整形外科などの病院の診断で足底筋膜炎の一番の原因になっていると考えられています。 立っている時は若干踵より中央側、足の裏に繰り返しかかる牽引や衝撃などの負担により足底筋膜が付着する部位に負荷がかかりすぎ、足の裏が痛い症状がでます。
2.指の反り
足底筋膜炎の痛む特徴は歩いた時の痛みがおおいのですが、特に多いのが地面を蹴る時の足の裏の痛みです。
何故かというと、足の指が反っていると、余計に足裏に延ばされる負荷がかかってしまい痛みを強くするからです。
この足の指が反った状態が継続すると浮き指という、常に足指が反った状態になってしまいます。
これはヒールを履くことで誘発されます。
高いヒールは足の指を反らし、足の指が反ることで足底筋膜を引き延ばします。
なのでヒールの高さを低くするか履かないようにするかしないといけません。
3.偏平足
足の筋肉が緊張すると、偏平足という足のアーチがなくなり平べったくなる状態にいなり足裏が痛い症状がでる誘因になります。
足はアーチ状の構造になっている事で、あなたの体重や歩いたり走ったりしたときの地面からの衝撃を吸収できるようになっています。
ところが偏平足になるとアーチが崩れて筋肉も硬くなっているので、衝撃をうまく逃がすことができず、 体重の負荷や動作時の負担が足底筋膜にかかります。
4.内臓の歪みや硬さ
オステオパシー医学や東洋医学では足と内臓との関係から足の裏に痛みを引き起こすことがあります。
腹部から骨盤近くで起こる問題はそこから繋がる神経を介して足の裏に痛みを出すことになります。
これは根本原因になることが多いですが、必ずではありません。

上記誘因は足の裏が痛い原因としてよくいわれることですが、誘因であって根本原因ではありません。
何故根本原因ではないのか?足の裏が痛いのが何故治らないのか?
その理由をこれから説明していきます。

足底筋膜炎が治らない理由

【足底筋膜炎が治らない理由1】原因の思い違い

足の裏が痛いといって病院へ行くと、足底筋膜炎は『使いすぎ』『体重が増えたせい』『偏平足だから』と先ほどまで説明していたことをいわれて、足の裏の筋肉が炎症を起こしていると説明されることが多いです。
ここで考えてほしいのは、これらのことが足の痛い原因なら
あなたと同じように仕事や家事で使いすぎたり、体重が増えてしまった人も多くいるでしょうし、偏平足の方もたくさんいますが、全員足の裏が痛いわけではありません。
つまり、これらも足底の痛みをだす誘因ではあるのですが、根本的な原因ではないということです。
今まで色々な治療をしても足底筋膜炎がなおらないのは、この根本原因を検出して治療できていなかったからかもしれません。

【足底筋膜炎が治らない理由2】原因に対する治療方法の間違い

あなたが足底筋膜炎を発症してから1月以上経過していても、足裏の痛みが変化がなかったり悪化していると治療方法が間違っていることがあります。
よくある例を説明していきます。

アイシングやシップ

これらは冷やしたり抗炎症効果により炎症をおさえたり、痛みを伝える神経を麻痺させて一時的に足裏の痛みを抑えています。
痛みが酷い時は必要な事ですが、足裏が痛い原因が残ったままなので時間が経つと痛みは戻ってきます。
冷やすことで血行不良になり痛みの改善を妨げる可能性もあります。
ただ、やむおえず動きすぎて痛みが酷い場合は応急処置的に冷やす必要はあります。

電気治療・ストレッチ・まっさーじ

足の裏が痛い症状の治療やセルフケアとして一般的に多い方法です。
足裏、ふくらはぎ、すねなど筋肉をゆるめることは必要な時もあるのですが、炎症が酷い足の裏を施術することで余計に痛みが増すこともあります。
一般的な電気治療、ストレッチ、マッサージは足の裏が痛い症状を軽くするのには有効ですが、根本的な解消は、マッサージやストレッチにより内臓や血管、神経などまで治療できるなど、相当知識と技術がないと難しいでしょう。

踵の手術

踵の骨にトゲができるのを骨棘(こっきょく)といいますが、整形外科などの病院で、かかとのトゲのせいで痛みがでているので手術をすすめられることがあります。
しかし、骨棘があっても足の裏が痛くない場合もあれば、そのままの状態で痛みが改善する場合もあります。

骨棘は、筋肉が骨を引っ張り続けた結果できるものなので、この状態になっている根本原因を治療し、痛みがなくなったときにレントゲンをとると骨棘がなくなっていた場合もあります。

足の裏が痛い根本原因

ここまで足の裏がが痛くなる誘因や足裏の痛みが治らない理由を説明してきました。
つまり痛みという症状は結果であって原因ではないんですね。
では足の裏が痛い根本原因は何かというと…
筋肉、骨、内臓、神経血管など身体全身を一枚で包んでいる膜(硬膜、筋膜、骨膜、胸膜、腹膜)が様々な原因によって歪んだり硬くなることで起こります。
例えば全身タイツを来ている状態をイメージしてください。
そこでどこか一か所引っ張ったり捩じったりすると体が窮屈になるのが分かると思います。
この窮屈な状態で今まで説明してきた誘因が重なり、さらに使い続けることで足の裏を痛めてしまい痛いという症状が出てくるんですね。
詳しい根本原因については痛み・歪み、痺れ、冷えの本当の根本原因とはをご覧ください。
つまり足の裏が痛いからといって、その原因が足にあるというわけではないんですね。
ある時は、甘い物の食べ過ぎで十二指腸がが硬くなり膜が引っ張られて足裏に影響がでていたり、むち打ちの影響で頭蓋骨が歪みそこからの影響で痛みがでることも、精神的なストレスがかかり動脈が硬くなり足底筋膜炎になることもあるわけです。
ここで藤岡治療院にこられた患者さんの治療体験動画をごらんください。

この動画でも話しているように病院や整骨院にたくさんいかれていても変化がなく根本原因を治療すれば足の裏の痛い症状は海前されるんですね。
では、どのように治療していけばいいか説明していきますね。

足底筋膜炎の治療方法

足の裏が痛い治し方として、ここまで説明してきたように治療方法は、根本原因をしっかり探し出せる検査が必要です。
つまり、筋肉や骨の歪みや硬さだけでなく、内臓、神経、血管、脳など体全体から足が痛くなる原因を探して治療する必用があります。
このような治療ができるのはオステオパシーという整体か脈診という検査を使ってする鍼治療が有効です。
大阪なら藤岡治療院という良い所がありますが(笑)、遠方の方はお近くで良い治療院があれば紹介させていただきますのでお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。

自分でできる足の裏が痛い足底筋膜炎の解消方法

足の裏が痛い原因になる筋肉のストレッチ

【足の甲からスネ、太ももの前まで伸ばす】
1.正座をします。
足の裏が痛い足底筋膜炎解消ストレッチ画像

この状態で20秒キープし、一度5秒ほどゆるめてを3セットします。
健康な人は通常はなんともありませんが、足の裏が痛い足底筋膜炎の人はかなり突っ張る場合が多いです。
正座が厳しい人は片足づつ行ってください。
足裏が痛む足底腱膜炎改善ストレッチ画像

2.身体の柔らかい人や継続的に上記のストレッチを頑張って足が柔らかくなってきた人には、膝を浮かすことで、もう少しストレッチを強くしていきます。
足底筋膜炎で足の裏の痛む緩和ストレッチ画像 <br> 両ひざが厳しい人は片膝でストレッチしてください。
足底腱膜炎で足の裏が痛い治し方ストレッチ

【足裏から脹脛(ふくらはぎ)、太もも裏、お尻まで伸ばす】
立った状態で前屈していきます。
コツは手を床につけに行くのではなく、お腹を太ももにつけにいくようにして、足裏からふくらはぎ、太もも、お尻と延びる感じがするようにストレッチします。
足底が痛い解消ストレッチ画像
これを20秒して5秒ゆるめてを3セット行います。
こちらは別バージョンです。
足底が痛む原因を解消するストレッチ画像

足の裏が痛い足底腱膜炎緩和をより改善する方法動画

足の裏が痛いと足だけに意識がいきがちですが、身体は一枚の膜でつながり、結局は全身が硬いために、特に負担がかかっている足の裏に痛みがでている状態です。
なので全身の筋肉を緩めることが、より足の裏が痛いのを緩和することにつながります。
かなりおすすめで良い方法なのでぜひ実践してみてくだ歳。

腹式呼吸により血流を改善し体を温める方法動画

腹式呼吸をすることで血流が良くなり足裏の痛みの改善を促します。
また大きく呼吸をすることで隔膜がストレッチされ相乗効果でかなりおすすめです。
<隔膜の詳細は隔膜とはをご覧ください。

肩こり解消体操&ストレッチ動画
足の裏が痛いのと関連が強い骨盤の矯正ストレッチ方法動画
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

当院の評判は雑誌・メディアにも取り上げられています!

皆様の応援のおかげで口コミ・おすすめランキング豊中で常に上位を保つことができています! これからも期待にこたえられるように頑張っていきます!! また気に入っていただけましたら口コミやオススメの書き込み応援お願いします。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせフォーム

整体治療中は留守電に転送されますので、お電話でご予約の方はお名前・携帯番号・ご希望の予約の曜日と時間をご登録ください。手が空き次第こちらから携帯電話よりご連絡させていただきます。

豊中・箕面・吹田・池田市で整体・鍼・マッサージのご予約はお気軽に!

アクセス

女性人気メニュー

適応症状について

最新の投稿