怖い頭痛薬の副作用

クチコミサイトエキテンロゴ

お問い合わせフォーム

TEL 06-7501-6896

TEL 06-7501-6896

大阪府豊中市上野西1-13-6-6

営業時間 9:00~22:00 (受付 AM8:30~21:00)

※営業電話は患者さんの迷惑になりますのでご遠慮ください。

治療中は留守番電話に転送されます。その際はご用件をメッセージにお残しください。治療が終了次第、折り返しご連絡差し上げます。

電話する

新着情報

  • 2018年1月12日

    治療日記

怖い頭痛薬の副作用

頭が痛いからと毎日のように頭痛薬を使用していると思わぬ副作用が…
頭痛薬を月に10日以上飲んでいる場合には「薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭 痛)」になっているかもしれません。

頭痛薬の使い過ぎによる頭痛(薬物乱用頭痛)とは

片頭痛、緊張型頭痛、群発性頭痛など頭痛に悩む人が、頭痛薬の飲み過ぎにより、さらに毎日のように頭痛がでるようになる状態を薬物乱用頭痛と言います。
一般的に売られている頭痛薬の使い過ぎ多いですが、医師から処方された薬によっても起こります。
次の症状に心当たりのあるあなたは、「頭痛薬の使い過ぎによる頭痛(薬物乱用頭痛)の可能性があります。

  • 一か月に15日以上頭が痛い
  • 朝起きたときから頭が痛い
  • 薬を飲んでいても前より頭痛がひどい
  • 月に10日以上頭痛薬を飲む
  • 前まで効果のあった頭痛薬が効かなくなっている
  • 以前は月に数回、片頭痛が起こっていた。
  • 頭痛の痛む場所や種類が代わることがある

頭痛薬の使い過ぎによる頭痛である薬物乱用頭痛の診断基準は、国際頭痛分類第3版b eta版(ICHD-3β)の付録によって以下のように定義されています。
薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛、MOH)の診断基準
以前から頭痛疾患をもつ患者において、頭痛は1ヵ月に15日以上存在する
1種類以上の急性期または対症的頭痛治療薬を3ヵ月を超えて定期的に乱用して いる
ほかに適切なICHD-3の診断がない
日本頭痛学会・国際頭痛分類委員会 訳:国際頭痛分類 第3版 beta版 医学書院:106, 2014 <,/p>

頭痛薬の使い過ぎによる頭痛(薬物乱用頭痛)の原因

頭が割れそうなひどい頭痛を体験すると、痛みへの恐怖から頭痛薬を頻繁に服用するようになってしまいます。
そもそも頭痛薬は、頭を委託する物質であるブラジキニンを今以上増えないように抑えているだけで、ブラジキニンを出す事になった体の原因部分を治している訳ではありません。
また痛みを出している原因が、ブラジキニンでなく神経の圧迫などによる頭痛だと効果がありません。
詳しくは頭痛治療ページをご覧ください。
薬物乱用頭痛の原因は、頭痛薬の使い過ぎで痛みを起こすと説明されていますが、 、実ははっきりとした原因はわかっていません。
ただ関節リウマチの治療では大量に同じ痛み止めの薬が使われますが、それによる新たな頭痛が問題になることはほとんどないんです。
薬物の乱用による頭痛は、このことからも先ほど説明した薬の効かない頭痛に対して頭が痛いからといって効果のない薬を使い続けることで悪影響が出てきていると考えられます。
そのことを知らずに頭の伊丹を抑えようと頭痛薬を飲み→効果がない→もっと量を飲めば効くかもしれない→効かない→でも不安だから飲むの… という悪循環で薬の副作用が出てきて余計にひどいい頭痛になります。
しかも薬物乱用頭痛の治療の目標は飲む前の頭痛の状態に戻すのがゴールというマイナス状態からスタート地点んに戻るという治療なんです。
こんなことになっては大変なので、頭の伊丹を出す原因を早めに治療することです。
おすすめは、オステオパシーや脈診で治療する鍼治療をおすすめします。
藤岡治療院でも多くの頭痛が改善されています。

薬物乱用頭痛の治療

一般的な頭痛外来などの病院ではまずは原因となっている薬を2ヵ月間中止します。
原因になっている頭痛薬をやめると、その反動で、逆に激しい頭痛、嘔吐、吐き気などが出ることがあるので、、それらを予防する薬や原因となっている薬以外で対処します。
最初の1~2週間はキツイですが薬の使い過ぎによる頭痛( 薬物乱用頭痛)なら、続いていた頭痛が減り元の頭痛の症状に戻ります。
元の頭痛の状態から、その頭痛に合わした治療を改めてスタートという事になります。
つまり頭痛は残ったままになるんですね。
なので藤岡治療院では、頭痛薬を止めながらオステオパシーや鍼治療をすることを おすすめしています。

薬物乱用頭痛の治療の原則

  1. 原因薬となっている頭痛薬の中止
  2. 薬を止めた後の反動に対する症状への対応
  3. 予防薬の投与

薬の使い過ぎによる頭痛(薬物乱用頭痛)を防ぐには

薬剤乱用頭痛は、なってしまうと再発しやすいのが特徴です。
なので日ごろから頭痛薬を常用しないように普段から心がけることが大切です。
次の事を気を付けてください。

  • 頭痛薬の使用は使用上の注意を守りましょう。
  • 月に10日以内に。 頭痛の予防の為に市販の薬を常用するのは避けましょう
  • 主成分が複数配合されているのでなく、単一の頭痛薬を服用しましょう。
  • カフェイン(無水カフェインもしくはカフェイ ン水和物)が含まれている薬は注意してください
  • ほかに薬を飲んでいる場合は医師に伝えましょう。

かぜ薬などの市販薬 意外な副作用『スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)

スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)は皮膚や粘膜の過敏症であり、多型紅斑との鑑別を要する。
最初の症状で風邪ではないかと自分で判断し、市販の薬や病院でもらった抗生物質を服用し、重い症状がでてくるものをいいます。
ペニシリン系・セフェム系の抗生物質や非ステロイド性抗炎症薬等、多くの医薬品が原因とされています。

【症状】
初期症状は38度前後の発熱で、喉の痛みなどで、風邪の症状ににています。
進行すると紅斑、水疱、糜爛が皮膚や粘膜の大部分の部位に広く現われることに加え、高熱や悪心も一緒に出てきます。
また、皮膚や粘膜だけではなく結膜充血、目やに、まぶたの腫れなどの症状が出てきて、ひどい時は失明の可能性もあり治っても目に後遺症が残ることがあります。

【主な3つの徴候】
1.38度以上の発熱
2.結膜の充血、口唇びらん、のどの痛み、陰部びらん、排尿排便時痛などの粘膜症状
3.紅斑が多くでき(進行すると水疱・びらんも出てきます)を伴う皮膚の湿疹

【発症までの期間】
2週間から1ヶ月程度といわれています。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせフォーム

整体治療中は留守電に転送されますので、ご予約の方はお名前・携帯番号・ご希望の予約の曜日と時間をご登録ください。手が空き次第こちらから携帯電話よりご連絡させていただきます。

豊中・箕面・吹田・池田市で整体・鍼・マッサージのご予約はお気軽に!

アクセス

適応症状について

最新の投稿